« オミナエシが咲き始めた | トップページ | 毎日のように休養日 »

2015/08/22

里山の鳥はどこにいったのだろう

150822_2

定例になっている里山散歩にでかけた。朝から30度近くになって、終わる頃には汗をしっかりかいて、水分の補給が間に合わないようだ。

前期高齢者でも水分補給は熱中症対策だけでなく、発汗で血の濃度が上がり、血栓による脳や心臓の梗塞対策としても重要だ。

野鳥は極端に少なく、たった12種しか観察出来なかった。

コオロギが目立ち始め、やはり秋が近づいている。チョウは沢山の種類が観察できた。中でも、オオチャバネセセリが多く見ることができた。

久しぶりにツバメシジミの写真を撮ることができた。

150822_3

近寄っても逃げずに、最後の力を振り絞ってミンミンゼミが鳴いていた。

150822_4

今年生まれのヒキガエルに林の中でであった。森に入るころは1cmにみたないくらい小さかったので、随分大きくなった。

150822_5

生まれたばかりの蜘蛛の子の集団「クモの団居(まどい)」。多分、イオウイロハシリグモだろう。

150822_6

ハエトリグモsp.が稲の葉の裏にいた。

150822_7

【観察した野鳥】マガモ、キジバト、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ 12種

|

« オミナエシが咲き始めた | トップページ | 毎日のように休養日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/62136880

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の鳥はどこにいったのだろう:

« オミナエシが咲き始めた | トップページ | 毎日のように休養日 »