« 台風21号の爪跡 | トップページ | 与那国島二日目 »

2015/10/10

与那国島でのバードウォッチング一日目

151010_18

与那国島での初めてのバードウォッチングで、同じ八重山地方でも石垣島と鳥の印象が随分違う。まず、留鳥のカラス、カラ類、キツツキ類、ホオジロ類、ウグイス、ハクセキレイ、セグロセキレイなどおなじみの鳥が全くいないので戸惑ってしまった。

石垣島にいるヒヨドリはイシガキヒヨドリで、この島にいるのは似ているけれどタイワンヒヨドリになる。タイワンヒヨドリはイシガキヒヨドリと似ていて、日ごろ見慣れているヒヨドリよりも色が暗色で、胸の斑がはっきりしている。

タイワンヒヨドリは非常に多い印象だ。同じように、渡りの途中のツメナガセキレイ、キセキレイ、シマアカモズが至る所にいて、特にツメナガセキレイは、スズメ状態で一生分見てしまったかもしれない。キガシラセキレイはいなかった。

151010_19

八重山では、アマサギは英名の通りCattle Egretで、牛の周りに集まっている。牛の上に乗っているアマサギを近くで撮りたかったけれど、難しかった。

151010_20

クロハラアジサシが貯水池で魚を獲っていた。

151010_21

この島にもヤエヤマオオコウモリがいて、林道を走っていると枝からぶら下がっているのに時々出会った。日中でも飛んでいる。

151010_22

島の各所にウリミバエの不妊虫の放飼カゴが下がっていた。ウリミバエは根絶したけれど、予防措置のようだ。

151010_23

石垣島(午前)
【観察した野鳥】 ・キジバト、・アマサギ、・ダイサギ、・コサギ、・シロハラクイナ、・バン、・コチドリ、・セイタカシギ、・アカアシシギ、・アオアシシギ、・タカブシギ、・イソシギ、・トウネン、・ウズラシギ、・サシバ、・シマアカモズ、・オサハシブトガラス、・イシガキシジュウカラ、・ツバメ、・シロガシラ、・ヒヨドリ、・コムクドリ、スズメ、・キセキレイ(25種)+コウライキジ、インドクジャク、シマキンパラ

【情報があった鳥】 エリマキシギ、コアオアシシギ、レンカク、ムラサキサギ、ベニバト

与那国島(午後)
【観察した野鳥】
コガモ、キジバト、キンバト、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、シロハラクイナ、バン、セイタカシギ、タシギ、アオアシシギ、イソシギ、ヒバリシギ、ミフウズラ、クロハラアジサシ、ミサゴ、サシバ、チョウゲンボウ、チゴハヤブサ・シマアカモズ、ツバメ、コシアカツバメ、シロガシラ、タイワンヒヨドリ、キタヤナギムシクイ、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、コムクドリ、エゾビタキ、オオルリ、スズメ、ツメナガセキレイ、キセキレイ(36種)

|

« 台風21号の爪跡 | トップページ | 与那国島二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/62473942

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島でのバードウォッチング一日目:

« 台風21号の爪跡 | トップページ | 与那国島二日目 »