« 宮城のラムサール条約湿地への旅 | トップページ | 今日の飛びもの 福島県消防防災航空隊のBell 412EP(JA821F) »

2015/10/29

蕪栗沼を見る

151029_6

化女沼から蕪栗沼に移動して、観察ルートを歩いて蕪栗沼と白鳥地区の開水面を見てきた。

マガンは水田にエサを食べに出かけているようで、白鳥地区の海水面にはカモ類が多かった。蕪栗沼にはオオヒシクイと亜種ヒシクイがマコモを食べたり、休んでいたりしていた。

泥が露出したところには、ハマシギとウズラシギがいた。

昔は、沼の周りは車で走ることができたけれど、いまは車両進入禁止で徒歩での観察になっていた。当時は若かったので夜行日帰りの強行軍で、圃場整備前の蕪栗沼や伊豆沼の周りをグルグルと回ったものだ。

151029_4

水面の奥の方にヘラサギがいるのを地元の人に教えて貰った。昨年からいるらしい。

151029_5

伊豆沼の二工区でマガンの塒入りをみることにした。日没近くなってから、遠くから、大きな群れが鈎になったり竿になったりしながら集まってきた。

151029_7

151029_8

宿泊は伊豆沼の沼の端の高台にある栗原市の伊豆沼交流センターで、平日ということもあってわれわれだけの貸し切り状態だった。

設備もよく、レークビューの部屋は、マガンやオオハクチョウの声が聞こえるベストポジションだった。

一階の談話室でコーヒを飲みながらくつろいでから、夕食。値段だけに豪華というわけにはいかないけれど、楽しむことができた。

151029_9

|

« 宮城のラムサール条約湿地への旅 | トップページ | 今日の飛びもの 福島県消防防災航空隊のBell 412EP(JA821F) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/62586621

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗沼を見る:

« 宮城のラムサール条約湿地への旅 | トップページ | 今日の飛びもの 福島県消防防災航空隊のBell 412EP(JA821F) »