« 快晴の空の下で里山散歩 | トップページ | 三戦全敗 »

2015/12/26

映画「母と暮らせば」

151226_3

バードウォッチングに忙しく、7月以来映画を見にいっていなかった。随分見逃した映画が多い。

久しぶりに山田洋次監督の最新作「母と暮らせば」を近くのシネマコンプレックスで見てきた。

吉永小百合さん主演の長崎原爆を題材にした反戦映画だ。

原爆で死んだ次男の浩二が母の前に現れて、母が心の中に抱えてきた悩みを、解決(?)して消えていくのだけれど、終わり方がきたきつねの期待と違っていた。

井上ひさしさんの広島を題材にした戯曲「父と暮らせば」をオマージュした作品で、クレジットの最後に謝辞があった。浅野忠信がキャストされているところも興味深い。

日本映画らしい良い映画だけれど、何か物足りない気分が残った。

|

« 快晴の空の下で里山散歩 | トップページ | 三戦全敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/62951269

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「母と暮らせば」:

« 快晴の空の下で里山散歩 | トップページ | 三戦全敗 »