« 足をひきづりながら散歩 | トップページ | 印旛沼方面で鳥見 »

2016/01/16

いつもの里山の散歩

160116_1

今日は七十二候の「雉始めて鳴く」、「籔入り」、「念仏の口開け 」、「初閻魔」。

先週行けなかったので、いつもの里山の散歩にでかけた。

雑木林の下草刈りが行き届いて、日が通って明るくなっている。春のスミレの花が楽しみだ。

つい先日まで暖かかったので、梅の花が咲いていた。通り道の家の庭の紅梅は二分咲きくらいだった。

160116_2

暖冬の影響なのか鳥は例年よりも少ない印象で、姿だけでなく、声も聞こえなかった。水田にタシギが20羽以上かくれていたのには驚いた。

160116_3

【観察した野鳥】
キジ、オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、タゲリ、イカルチドリ、タシギ、クサシギ, トビ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 38種

|

« 足をひきづりながら散歩 | トップページ | 印旛沼方面で鳥見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63077223

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの里山の散歩:

« 足をひきづりながら散歩 | トップページ | 印旛沼方面で鳥見 »