« オリンパスTGシリーズ用マクロフードを作ってみた | トップページ | 筑紫湖・薬王院探鳥会 »

2016/02/27

CP+を見にパシフィコ横浜に

160227_1

今日は「新選組の日」。

ここ数年恒例にしているカメラと写真用品の展示会のCP+を見にパシフィコ横浜にでかけた。

東京上野ラインができたので、上野乗り換えで横浜まで行けるようになった。それとJRの休日おでかけパスを使うと最強だ。

会場には開場時間前に着いたけれど、例によって入場待ちの長蛇の列で、去年よりも人が多いようだ。

160227_2

建物内に入っても受付待ちの列は続いて、入場に20分ほどかかった。ほとんどの人がWeb入場だったので、流れていたが、これが他の展示会のように招待状と名刺を出していたら、大混乱だったのだろう。

160227_3

いつものように日本カメラ博物館の出張展示で、ダゲレオタイプからデジタルまでのカメラなどが展示されていた。

160227_4

湿式コロジオン法のシステム一式が展示されていた。

160227_5

会場内はカメラを持った老若男女が新しいカメラや機材との出会いを求めて溢れていた。近年は若い女性が増えているようだ。

カメラメーカーのブースにいるおねえさんやモデルを目当てに来ているオタクも多かった。

会場内の熱気はものすごく、人気の新製品のブースは30分待ち40分待ちは当たり前だった。それにしても、カメラのデジタル化による高機能、高性能化は急速で、使う人がついて行けないような気がする。

フィルムカメラだった時代の、進化の速度に比べるとデジタルカメラと周辺機器は

160227_6

各メーカーのブースでは、有名カメラマンによる撮影技術の講習会が行われていて、これも大盛況。

160227_7

ドローンも何社かあったけれどやはりDJIが一番人気だった。INSPIREに搭載できるマイクロフォーサーズのレンズが使えるカメラ(ZENMUSE X5)は面白そうだ。

160227_8

PHANTOM 3はさらに高機能になっていていた。風速5m/sの条件でも定位置で撮影できるらしい。

160227_9

株式会社インタニヤの280度のフィッシュアイレンズを組み合わせた360度撮影システムは興味深い。レンズはCマウントなので、汎用性がある。

160227_10

マイクロフォーサーズ・マウントのウェアラブルカメラ・カムコーダが参考出品で出ていた。

160227_11

シグマでは、シグママウントとシグマ製のCANONのEOSマウントのレンズをSONYのEマウントに使えるようにするマウントコンバーターがでていた。是非、マイクロフォーサーズにも対応してほしいものだ。

160227_12

オリンパスでは、STYLUS TGシリース用のストロボ・ディフューザーが参考出品されていた。近日中に発売されそうだ。

160227_13

LEDライトガイド LG-1のようにカメラ本体内蔵のストロボを利用するもので、被写体に均一にストロボ光を照射し、陰などを消し込んだ撮影ができる。

ストロボの光の強さはディフューザー本体とカメラの両方で調節できるようになるらしい。

160227_14

160227_15

|

« オリンパスTGシリーズ用マクロフードを作ってみた | トップページ | 筑紫湖・薬王院探鳥会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63272367

この記事へのトラックバック一覧です: CP+を見にパシフィコ横浜に:

« オリンパスTGシリーズ用マクロフードを作ってみた | トップページ | 筑紫湖・薬王院探鳥会 »