« ガチャポンで「PUTITTOハムスター」 | トップページ | CP+を見にパシフィコ横浜に »

2016/02/26

オリンパスTGシリーズ用マクロフードを作ってみた

160226_2

ネットでマクロ撮影について調べていたらオリンパスTGシリーズ用マクロフードのことが出ていた。顕微鏡モードで、ストロボを使った時に影を作らずに撮影できるということだ。

使ってみると、日中明るいところで使う場合にも、照明が拡散光になるので、強い影がでないので便利だ。シリコンのコップは折りたためるので、被写体に合わせて距離を調節できるのも良い。

簡単に作ることができそうなので、材料を集めて作ってみたが、本当に簡単に作ることができた。

顕微鏡モード専用で使うならば、カメラに付けたままでもいいし、クッションになってカメラの保護にもいいようだ。

用意するものは「OLYMPUS コンバーターアダプター TGシリーズ用 CLA-T01」とシリコンゴムでできた「マーナ たためる携帯うがいコップ ホワイト」と接着剤と、ハサミくらいだ。

160226_3

アダプターの内側とコップの底のサイズがほぼ同じだ。

160226_4

コップの底のベロを切り取り、アダプターをコップの底に当てて、穴の内側にボールペンで印を付け、ハサミで印に沿って穴をあける。コップの底は少し厚いので、怪我をしないように慎重に作業する必要がある。

カッターで切ってもいいけれど、固定が難しいようだ。

160226_5

アダプターと穴の空いたコップをセメダインスーパーXで接着する。セメダインスーパーXはシリコン樹脂を接着できる。

160226_6

数時間放置後、接着を確認して完成。

160226_7

TG−3にマクロフードを付けて、ボケの花を自然光で撮影したが、光が拡散されている。

160226_8

マクロフードがないと、直射光で光る部分がでた。

160226_9

マンサクの花の中心を自然光で撮ってみた。

160226_10

雲母をストロボで撮影してみた。ストロボを使っても光がほぼ均等に回っている。

160226_11

|

« ガチャポンで「PUTITTOハムスター」 | トップページ | CP+を見にパシフィコ横浜に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63267944

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスTGシリーズ用マクロフードを作ってみた:

« ガチャポンで「PUTITTOハムスター」 | トップページ | CP+を見にパシフィコ横浜に »