« 初夏の里山を歩く | トップページ | 波崎・銚子方面パトロール »

2016/04/24

里山の春を食べる

160424_1

今日は「日本ダービー記念日」、「植物学の日」、「寒の戻りの特異日」。

天気予報通り朝から雨模様だったけれど、予定通り里山の春を食べるイベントが開催された。準備中に雨が上がってきて、天気が良くなってきた。

メニューは、草餅、野草などの天ぷら、野草のお焼き、焼き肉、赤米入りのおかゆ。

多様な年齢の人達が集い、お腹いっぱい春を食べて、満足した。後片付けをして終了となった。

火の番が忙しくて、あまり写真を撮る時間がなかったのが残念だった。

160424_2

お焼きの中は、タンポポ、ノビル、セリなど。これが意外と旨い。

160424_4

天ぷらは、さつまいも。竹の子、人参、野菜のかき揚げなどで、やはり揚げたては旨い。

160424_3

赤米のベニゾメモチを混ぜたおかゆは、かすかに小豆の味がした。

|

« 初夏の里山を歩く | トップページ | 波崎・銚子方面パトロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63532621

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の春を食べる:

« 初夏の里山を歩く | トップページ | 波崎・銚子方面パトロール »