« 休養日 | トップページ | 風が強いのでお休み »

2016/05/03

シギ・チドリの渡りのシーズンが終わる前に

160503_1

今日は「憲法記念日」、「世界報道自由の日」、「リカちゃんの誕生日」。25度を越えて夏日。昼前から風が強くなった。

一日休んだので体調は良くなったけれど、足はまだ不調。シギ・チドリの渡りのシーズンが終わってしまうので、稲敷市、香取市、神栖市の歩かなくてもいい場所を回ることにして鳥見にでかけた。

今日のハイライトは、普通にいるはずなのに見ることができていなかったウズラを見ることができたことだ。遠かったけれど、スコープで確認できた。コンデジ手持ちのデジスコで記念写真を撮れた。

ma160503_2

この時期は、オーストラリアからベーリング海に向かうハシボソナギドリが弱って港に入ることがあるので、銚子漁港を探してみたら、港の奥にハシボソミズナギドリをなんとか1羽見つけることができた。

ハシボソミズナギドリは、渡りの途中大量死することが知られていて、鹿島灘や九十九里の海岸に打ち上げられることがある。

160503_3

波崎港の漁船の近くでオオハムを見つけた。先日、オオハムとシロエリオオハムを見つけた新港では、アカエリカイツブリしかいなかった。

160503_4

まだ冬羽の シロエリオオハムがいた。

160503_5

チュウシャクシギが多くなってきて、稲敷市から香取市周辺の水田で見ることができる。

160503_6

蓮田にオオハシシギとエリマキシギが集まっていて、ひとも集まっていた。

160503_7

西ノ洲の水溜りには、メダイチドリとトウネンの群れが入っていた。

【観察した野鳥】
キジ、ウズラ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、スズガモ、クロガモ、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、オオハム、シロエリオオハム、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ヒメウ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ムナグロ、コチドリ、メダイチドリ、タシギ、オオハシシギ、チュウシャクシギ、エリマキシギ、トウネン、ウミネコ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、コアジサシ、トビ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオセッカ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュリン 50種 +コジュケイ、ドバト 年間記録種は200種。

|

« 休養日 | トップページ | 風が強いのでお休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63576036

この記事へのトラックバック一覧です: シギ・チドリの渡りのシーズンが終わる前に:

« 休養日 | トップページ | 風が強いのでお休み »