« 梅雨らしい一日 | トップページ | 休養日に決定 »

2016/06/08

100円ショップは大人の駄菓子屋だった

散歩で行ける近所に100円ショップが2店舗もできたので、週に二、三回は行っているような感じになっている。

特に、欲しいものはなくても店内を一巡りしていたりして、100円ショップ依存症?かなと思ったりすることもある。

食品や飲料などはスーパーの方が安いものが多いけれど、雑貨には意外なものが隠れていることがあって、そんなものを見つけた時にはうれしくなってしまう。108円で夢を買うという感じだ。

きたきつねの子供の頃、地方都市の下町に住んでいたので、家の裏の市場に駄菓子屋があって、5円玉か10円玉を握って毎日のように通ったものだった。三つ子の魂百までというけれど、きたきつねにとって100円ショップは駄菓子屋なのかもしれない。

|

« 梅雨らしい一日 | トップページ | 休養日に決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63749924

この記事へのトラックバック一覧です: 100円ショップは大人の駄菓子屋だった:

« 梅雨らしい一日 | トップページ | 休養日に決定 »