« ホトトギスの声を聞きながら里山散歩 | トップページ | 梅雨入り »

2016/06/05

死の一人称、二人称、三人称

ちょっと前になるけれど、養老孟司さんがテレビの番組の中で死について面白いことをいっていた。それは人が死ぬことで大変なのは二人称の死で、一人称と三人称の死はだれも関係がないという話だ。

一人称の死は本人の死で、養老先生は死んでしまえば本人は何も分からなくなって関係がなくなる。さらに、死んだ後のことは本人は関与することができないので、心を煩わすことはない。

三人称の死というのは、他人にとっての死ということで、知り合いでも葬式が終われば関係は終わり、生活は変わらずに続く。ましてや、赤の他人にとって誰が死のうが関係ないということだ。

二人称の死というのは、肉親にとっての死で、葬式を含め後々関係が続くし、心の問題も残るので、大変になるということだ。

だから一人称と三人称の死は、だれも関係がないということになる。

死んでしまえば先のことには全く関われないから、死んだ後のことを思い煩うことくらい無意味なことはない。肉親にとって負担にならなず、良かったねと思われる程度に、生きている間にどう生きるのかが大切だろう。

|

« ホトトギスの声を聞きながら里山散歩 | トップページ | 梅雨入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63736308

この記事へのトラックバック一覧です: 死の一人称、二人称、三人称:

« ホトトギスの声を聞きながら里山散歩 | トップページ | 梅雨入り »