« ドリームジャンボで夢を買う | トップページ | 浮世絵三昧 »

2016/06/03

アフガニスタン特別企画展「バーミアン大仏天井画〜流出文化財とともに〜」

160603_1

今日は「測量の日」、「雲仙普賢岳祈りの日」。

見たいと思っていた展覧会が終わりそうなので東京にでかけた。腰が動かないようにコルセットを締めていたので、間欠跛行にはならなかった。

交通費を安くするために、常磐線を北千住で下車して、地下鉄の「東京メトロ24時間券」(600円)で回ることにした。今年の2月まで「1日券」が廃止になり、「24時間券」になったらしい。

一日券だと、遅い時間に買うと利用時間が短くなってしまうけれど、24時間以内なら東京メトロは乗り放題になって、利便性は高くなった。

展覧会は10時からなので、以前東京国立博物館の特別展「黄金のアフガニスタン」を見に行った時に時間的に無理だったのでパスした東京芸術大学の開催中のアフガニスタン特別企画展「バーミアン大仏天井画〜流出文化財とともに〜」を見てきた。

アフガニスタンでは、紛争状態が続きカブールにあった国立博物館もj砲撃やロケット攻撃で破壊され、その後略奪により貴重な文化財が失われた。また、タリバンによるバーミヤン石窟の大仏が破壊されるなども起きてしまった。

東京芸術大学などが中心となり、略奪され日本に流出したアフガニスタンの文化財の回収をすすめ、アフガニスタンに返還する前に公開したということらしい。この機会を逃すとアフガニスタンに行けなければ見ることができない。

その他、破壊されたバーミヤンの石窟の東大仏の天涯を飾っていた「天翔ける太陽神」を原寸大で三次元で復元したものも公開されていた。

タリバンによるバーミヤンの大仏破壊は酷いことだけれど、戦争によらずに日本では明治維新後に廃仏毀釈により貴重な文化財が大量に破壊されたことを忘れてはいけない。数百年以上も維持されてきた文化財を破壊されたり海外に流出したりしてしまった。

だから、海外の博物館に日本の国宝・重文級の文化財が大量に存在しているのだ。

160603_2

160603_3

160603_4

160603_5

|

« ドリームジャンボで夢を買う | トップページ | 浮世絵三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/63726816

この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン特別企画展「バーミアン大仏天井画〜流出文化財とともに〜」:

« ドリームジャンボで夢を買う | トップページ | 浮世絵三昧 »