« 東京藝術大学大学美術館の「驚きの明治工藝」 | トップページ | ショウドウツバメの群れに遭遇 »

2016/09/27

教文館ビルで藤城清治影絵展

160927_32

上野から銀座線で銀座に向かい銀座4丁目の教文館ビルで開催中の藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」へ。

影絵といえば藤城清治で、子供の頃から映像や本で見ていたが、オリジナルを見るのは初めてだ。全92点の作品がそれほど広くない会場に詰め込まれていて、それだけで圧巻だった。

会場内はストロボを使わなければ撮影可能となっていたが、スマホのシャッター音が酷かった。きたきつねのデジカメとスマホはストロボと音は切ってあるので、問題なし。

入り口に、8月20日にNHKドキュメンタリーの「NEXT 未来のために『光と影で描く 戦争の記憶』」で92歳の藤城さんの制作過程を克明に追った作品が展示されていた。

海軍予備学生として特別攻撃隊で亡くなった仲間を追悼し、平和を祈る作品ということだ。

160927_33

宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の演奏会の場面

160927_34

ゴーシュの顔の部分を拡大してみると、何種類もの灰色の紙を重ねて表現している。

160927_35

しょじょ寺の狸ばやしの一場面

160927_36

小人の音楽会

160927_37

今年発売された絵本「アッシジの聖フラシスコ」の原画の一部

160927_38

藤城さんの独特の小人たち

160927_39

160927_40

帰りに6階のナルニア国で開催中の「モリナガ・ヨウ絵本原画展『築地市場 絵でみる魚市場の一日』」をのぞいて帰ってきた。

技術につい良いイラストレーターらしい精密な表現は素晴らしかった。ここで頭が満杯になってしまった。これ以上は整理がつかない。本当は新国立美術館の「ダリ展」も見たかったけれど、次の機会にすることにして帰ってきた。

160927_41

|

« 東京藝術大学大学美術館の「驚きの明治工藝」 | トップページ | ショウドウツバメの群れに遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/64276255

この記事へのトラックバック一覧です: 教文館ビルで藤城清治影絵展:

« 東京藝術大学大学美術館の「驚きの明治工藝」 | トップページ | ショウドウツバメの群れに遭遇 »