« 夜もバードウォッチング | トップページ | 今日の飛びもの 海上保安庁のSikorsky S-76D(JA971A) »

2016/11/16

石垣島バードウォッチング2日目

161116_1

朝から一日ガイドをお願いしてバードウォッチングに出かけた。何度か一人で回ったときは、鳥を探すのが随分大変だったけれどやはり地元で毎日のように見ている人にはかなわない。

的確に石垣島ならではの鳥を中心に50種以上の鳥を見せてもらえた。

ムラサキサギが顔を横にして何かを見ているので、狩りをするなと思っていたら、一瞬でクマネズミを捕まえた。そして咥えなおして飲み込むところまで見ることができたのはラッキーだった。

ムクドリ類も渡ってきているようで、カラムクドリを見ることができた。

161116_2

シロハラクイナは愛想が悪いので、見ることはできても写真は難しい。

161116_3

北海道でおなじみの移入種のコウライキジ。桃太郎の絵本に出てくるキジが、意外とコウライキジが多いのは不思議だ。

161116_4

リュウキュウツミが牧場の金網の上にとまっていた。この直後に、飛び出して10センチ角位の金網を通り抜けたのにはびっくりした。YouTubeでオオタカが小さい丸い穴を抜けた映像を見たことがあるけれど、ツミも凄い。

161116_5_2

シマアカモズは多くて、色々なところで見ることができた。

161116_6

サトウキビの畑の間の道にミフウズラが歩いてきて、道端の草の種を食べていた。草の向こうだったけれど、珍しくゆっくりと見ることができた。

161116_7

河川工事現場でレンカクがいた。別の水を張った水田にも1羽いた。少なくても二羽いるようだ。

161116_8

稲刈り跡にいたキジバトの群れにベニバトが混じっていた。オスが木の枝にとまってゆっくり見ることができた。

161116_14

コンバインが稲刈りをしている場所の近くにカンムリワシがとまっていた。コンバインが動いた時に飛び出すカエルなどを狙っているようだ。

愛想が良い鳥で、車で真横を通っても動かなかった。

161116_10

ポケットに入っていたコンデジで撮ってみた。

161116_11

どこかの庭でズグロミゾゴイにも会うことができた。市役所の前の公園にも出たことがあるらしい。昔、探したときは非常に苦労したのにあっけなかった。

161116_12

島の北部の牛舎の天井裏にいるハッカチョウを見てきた。

161116_13

去年からいるというカタグロトビを見たかったけれど、ガイドは、熱心に日没近くまで探してくれたにもかかわらず、見ることができなかったのは残念だった。最近行動が読めないらしい。

夜は一人でナイトウォッチング。リュウキュウコノハズクなどの声は聞こえるのだけれど、遠かったり、林の奥で見ることができなかった。

昨夜と今日一日ライファーも含めていろいろな鳥を見せてくれたのは、石垣島で自然観察ガイドをしているsea beansの小林さんで、さすがプロのガイドだった。

|

« 夜もバードウォッチング | トップページ | 今日の飛びもの 海上保安庁のSikorsky S-76D(JA971A) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/64511415

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島バードウォッチング2日目:

« 夜もバードウォッチング | トップページ | 今日の飛びもの 海上保安庁のSikorsky S-76D(JA971A) »