« フキノトウが開いていた | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警察のKawasaki BK117B-1(JA6651) »

2017/02/22

銚子漁港と波崎漁港を巡って帰りに稲敷に寄る

170222_1

今日は「太子会」、「世界友情の日」、「竹島の日」。

先週末から風が強い日が続いていたので港に疲れた鳥が入っているのではないかということで波崎漁港、波崎海岸砂丘植物公園、銚子漁港、外川漁港、銚子マリーナを回ってみた。

カモメは今シーズン見逃していたミツユビカモメ、カナダカモメを見ることができた。

港の中はオオハム、シロエリオオハム、ウミアイサ、ウミスズメなどが居たが、堤防より魚がいるのか集まっていて岸壁に近づいてくれなかった。

波崎新港でチョウゲンボウが鳥を捕まえて目の前のブロックの上に降りて食べ始めた。

170222_2

足の色が黒っぽくてツグミ大なのでイソヒヨドリかもしれない。

170222_3

銚子の第2漁港に顔の羽がおかしなミツユビカモメ。外洋性のカモメが港に入るというのは何か故障があるのではないだろうか。

170222_4

羽がボロボロのミツユビカモメ。

170222_6

飛び回るカモメの写真撮影の練習。古いカメラなのでほとんどピントが合わなかった。新しいカメラだとフォーカスが速いのでピントが合うのだろう。

170222_5

第3漁港にウミスズメが一羽だけいた。

170222_7

【観察した野鳥】
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、クロガモ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、キジバト、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ウミスズメ、セイタカシギ、タゲリ、タシギ、ミユビシギ、ハマシギ、オオハシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カナダカモメ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ワシカモメ、ミツユビカモメ、トビ、チュウヒ、ノスリ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ  56種+コブハクチョウ、ドバト

|

« フキノトウが開いていた | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警察のKawasaki BK117B-1(JA6651) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/64927420

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子漁港と波崎漁港を巡って帰りに稲敷に寄る:

« フキノトウが開いていた | トップページ | 今日の飛びもの 茨城県警察のKawasaki BK117B-1(JA6651) »