« 船を撮って遊んでみた | トップページ | カンヒザクラが満開だった »

2017/03/19

復路:下北半島沖から茨城沖

170319_1

午前5時半から甲板にでて鳥見を開始した。

今日も鳥の動きは非常に悪く、海面を見続けるけれど目標の鳥が出ないので緊張が続かない。

ハイライトはシャチの群れを見つけたことだ。三角形の複数のヒレが海面に見えて、直ぐにシャチと分かった。

大小のヒレが並んで見えていたので、親子の群れのようだった。イルカやクジラには何度か遭遇したことがあるけれど、シャチは初めてだったので、興奮した。

170319_2

所々にキタオットセイの群れに遭遇した。シャチはキタオットセイを追っていたのかもしれない。

170319_3

ヒレを水面の上に出して手を振るような仕草が可愛い。

170319_4

比較的近くにウトウが浮いていた。

170319_5

茨城沖ではトウゾクカモメとアビ類がよく出るようだ。

170319_6

170319_7

フェリーの近くに浮いていたシロエリオオハムが慌てて水面を走りながら飛び出すのが面白い。

170319_8

数は少ないけれどオオミズナギドリを見ることができた。三陸沖では数が少ないけれど、福島沖あたりから比較的多くなってきた。

170319_9

疲労困憊で16時45分に観察終了。

今回の航路はウミズズメ類を見るのが目的だったけれど、非常に数が少ないし、結局見たいと思っていたコウミスズメやエトロフウミスズメを見ることはできなかった。

ツアー全体でもコウミスズメとをエトロフウミスズメ見ることができたのは一人だけという低調さだった。

【観察した野鳥】
オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、クロガモ、ウミアイサ、シロエリオオハム、オオミズナギドリ、ウミウ、ミツユビカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、ハシブトウミガラス、ウミズズメ 15種

|

« 船を撮って遊んでみた | トップページ | カンヒザクラが満開だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65044910

この記事へのトラックバック一覧です: 復路:下北半島沖から茨城沖:

« 船を撮って遊んでみた | トップページ | カンヒザクラが満開だった »