« 近くの川沿いを散歩 | トップページ | 往路:金華山沖から津軽海峡 »

2017/03/18

すれ違う船を見ていた

170318_1

今日は「明治村開村記念日」、「精霊の日」。

ゆっくり朝食を食べて午前7時、金華山沖の手前から甲板に立って鳥を探し始めた。どうも今週中頃の低気圧通過で海は大荒れだったようで、鳥がすくない。

暇を持て余してすれ違う船を見ていた。北海道への物流はやはり海運が主流になるようだ。

午前7時40分過ぎに苫小牧から仙台に向かう太平洋フェリーの「いしかり」とすれ違った。

「いしかり」は「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー2016」のフェリー部門で1位らしい。名古屋から仙台を経由して苫小牧を往復しているフェリーで、船内でステージショーがあったりして、大洗・苫小牧のフェリーとは一味違っている。

こぎつねが小さい頃、帰省のために仙台・苫小牧を何度か往復したことがある。

170318_2

10時過ぎにアジア パシフィックマリンの太平洋セメント向け石炭灰運搬船「新賢洋丸」とすれ違った。太平洋岸の火力発電所からセメント原料の石炭灰を運んでいるのだろう。

170318_3

11時過ぎ苫小牧から常陸那珂港に向かう近海郵船のRO-RO式貨物船「まりも」とすれ違った。

170318_4

14時頃第一中央内航の太平洋セメント向けセメントタンカー「函洋丸」とすれ違った。

170318_5

16時過ぎ富士海運の太平洋セメント向けセメントタンカーの「第二龍王丸」とすれ違った。総トン数1396tと小型の貨物船だ。

170318_6

17時15分頃八戸から苫小牧に向かうシルバーフェリーのシルバークィーンを追い抜いた。苫小牧着20時15分で我々よりも30分遅く到着。

170318_7

16時過ぎに部屋に戻り、展望風呂に入って一休み。

定刻に苫小牧に到着。ターミナルが工事中でレストランが休業中ということで、イオンモール苫小牧までタクシーで行き夕食と買い物。

苫小牧といえば北寄貝ということで、回転寿司の「回鮮 平禄」で鮨を食べてきた。やはり生の北寄貝は旨い、でも高い。

170318_8

いつものように朝が早いので22時30分に乗船して直ぐベッドに入り就寝。

|

« 近くの川沿いを散歩 | トップページ | 往路:金華山沖から津軽海峡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65046789

この記事へのトラックバック一覧です: すれ違う船を見ていた:

« 近くの川沿いを散歩 | トップページ | 往路:金華山沖から津軽海峡 »