« 三番瀬と谷津でシギチ | トップページ | 見どころいっぱい晩春の里山散歩 »

2017/04/21

サトザクラの品種

170421_6

サトザクラはサクラの園芸品種の総称で八重咲き、枝垂れ咲きの種類が多いらしい。

満開のサトザクラをいくつか見ることができた。

黄緑色の花のソノサトキザクラ(園里黄桜)というのを初めて見た。ソノサトキザクラは長野のフゲンゾウ(普賢象)という桜の枝変わりで平成13年に見つかったらしい。

黄花の八重咲き品種にはギョイコウ(御衣黄)、ウコン(鬱金)、スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象)などの品種があるらしいけれど。キョイコウしか見たことがない。

170421_7

淡紅色の八重咲きのエド(江戸)。東京の荒川堤から広まったとされる品種らしい。

170421_8

薄い紅色で、花の端が赤く中心は白くなる八重咲きのショウゲツ(松月)。

170421_9

濃い桜色の八重咲きのカンザン(関山)。

|

« 三番瀬と谷津でシギチ | トップページ | 見どころいっぱい晩春の里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65180078

この記事へのトラックバック一覧です: サトザクラの品種:

« 三番瀬と谷津でシギチ | トップページ | 見どころいっぱい晩春の里山散歩 »