« 茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」 | トップページ | 月齢16日の月 »

2017/04/13

茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜

今日茨城自然博物館に行った目的の一つは、今年の3月18日にリニューアルされた動く恐竜の展示を見ることだった。

テラノサウルスの親子とトリケラトプスの3体が新しくなっていた。テラノサウルスは、最新の情報で羽毛が生えた形になっていた。

動きも従前のテラノサウルスと違って複雑になっていて、目まで動くようになっていた。とまっている時に、じろりと睨まれた時にはドキッとした。

これで1歩でも動いたら恐怖感があるだろう。

170413_11

170413_13

|

« 茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」 | トップページ | 月齢16日の月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65146928

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜:

« 茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」 | トップページ | 月齢16日の月 »