« どうもすっきりしない | トップページ | 茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜 »

2017/04/13

茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」

170413_1

今日は「喫茶店の日」、「水産デー」、「決闘の日」。

元気はないけれど、気温が高くなりそうだったので、茨城自然博物館で開催中の企画展「アンモナイト・ワールド」を観に行ってきた。

アンモナイトは不思議な生き物だと思っていたけれど、恐竜よりもさらに時間軸が長大で、想像できる範囲を超えてしまっていて、さらに不思議さが倍増した。

ここ数年の企画展示の中で一番内容の濃い展示内容だった。

170413_2

入り口には世界最大のアンモナイトの「パラプゾシア」が出迎えてくれた。

170413_3

宝石となっている美しいアンモライト

170413_4

モロッコのイスワンから産出したアンモナイトの群集

170413_5

中生代の海の展示

170413_6

日本のアンモナイト

170413_7

世界のアンモナイト

170413_8

アンモナイトと同じ時代を生きて、大絶滅を乗り越えてきたオウムガイの生体展示。

170413_9

北海道で産出したアンモナイト

170413_10

異常巻きアンモナイト

|

« どうもすっきりしない | トップページ | 茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65146822

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」:

« どうもすっきりしない | トップページ | 茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜 »