« 知っているようで知らない鳥の話(サイエンス・アイ新書) | トップページ | 今日の飛びもの 共立航空撮影のCessna T206H Turbo Stationair TC(JA40KA) »

2017/04/25

稲敷から銚子を巡る

170425_1

今日は七十二候の「霜止み苗出ず」、「国連記念日」、「市町村制公布記念日」、「初任給の日」。

休養を十分とれたので稲敷方面にシギ・チドリを探しにでかけた。蓮田は植え付けがほぼ終わりに近づいたけれど、水田は田植えが最盛期のようで人がたくさん出ていた。

細かく回ったけれど、オオハシシギの20+羽の群れとムナグロの群れを見つけただけで、あとはキョウジョシギ、ウズラシギ、タカブシギ、コチドリくらいで消化不良だった。

浮島でトビが鳥を食べていたけれど、遠かったので種類は分からなかった。

170425_2

消化不良なので小見川にオオセッカとコジュリンを見に行くことにした。

170425_3

今年はシマアジの当たり年なのか、小見川の堤防下の水面のハシビロガモとコガモの群れの中に4ペア8羽のシマアジがいた。

オオセッカは非常に多く賑やかに囀っていた。コジュリン、チュウヒなどもいた。まだ、時間があったので、波崎漁港と銚子漁港も回ってみることにした。

170425_4

波崎漁港でアカエリカイツブリがタコを咥えて上がってきた。

170425_5

シロエリオオハムは3個体いたけれど、夏羽になりかけは1個体だけで、他は弱っているようすだった。

170425_7

銚子漁港はちょうどマイワシの水揚げで、こぼれ落ちたマイワシを狙ってカモメ類やウが集まっていた。まだ、カモメ類は若鳥を中心に沢山居残っていた。

170425_6

漁港の岸壁の上にコクガンがいた。

170425_8

帰り道、代掻きの終わった水田にチュウシャクシギがはいっていた。

【観察した野鳥】
キジ、コクガン(2)、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、シマアジ、コガモ、スズガモ、クロガモ、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、シロエリオオハム、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ムナグロ、コチドリ、セイタカシギ、タシギ、オオハシシギ(20+)、チュウシャクシギ、タカブシギ、キョウジョシギ、ウズラシギ、ウミネコ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ニシセグロカモメ、コアジサシ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ウグイス、オオセッカ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、ホオジロ、コジュリン 58種+ドバト

|

« 知っているようで知らない鳥の話(サイエンス・アイ新書) | トップページ | 今日の飛びもの 共立航空撮影のCessna T206H Turbo Stationair TC(JA40KA) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65197341

この記事へのトラックバック一覧です: 稲敷から銚子を巡る:

« 知っているようで知らない鳥の話(サイエンス・アイ新書) | トップページ | 今日の飛びもの 共立航空撮影のCessna T206H Turbo Stationair TC(JA40KA) »