« 国立科学博物館:卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~ | トップページ | 三番瀬と谷津でシギチ »

2017/04/20

東京国立博物館:特別展「茶の湯」

170420_18

東京国立博物館の年間フリーパスの特別展入場特典が一回分残っていたので、特別展「茶の湯」を見てきた。

高校の時一日だけ茶道部だったことがあるけれど、体質に合わないことが分かっただけだった。

だから、茶の湯とは縁がないので、国宝と重要文化財を見るということにした。

場内は明らかに茶道関係と分かる人が多そうで、和服を着た人も多かった。

展示品は確かに凄いものもあったけれど、時間が作り出した名品も多いような印象だった。

全体を見て、茶の湯が日本に入ってきて足利将軍家が進めたのは特権階級の遊びだったけれど、その後金儲けになることに目をつけた商売人の千利休がビジネスとして磨きをかけ、その弟子たちがそれを広げ、小堀遠州に至って完成させたということが分かった。

朝鮮の日常雑器を運んできたり、竹を削って曲げたり、陶器を変形させたりしたものに名前を付けて、添え書きをつけて金持ちにプレゼントすれば、高額のお礼が届くということになるのだろう。

さらにそれを商売として、システム化し物販や資格販売につなげていった頭のいい人がいたということだ。浄土真宗の中興の祖といわれる蓮如上人に匹敵する頭のいいひとなのだろう。

システムが出来上がれば、引き継ぐ人は非常に楽だったろう。

この特別展の第二会場に入った時に、頭のなかに三代目桂米朝師匠の「はてなの茶碗」の噺が流れてきておかしくて仕方がなかった。

茶店で使っている数物の茶碗が千両になるという噺で、箱書きや添え状があればゴミでも金になるという茶の湯をからかった内容だ。

東京では、五代目古今亭志ん生師匠が「茶金」という演目で演じたらしいけれどこちらは音源を持っていないので聞いたことはない。

茶の湯には、三代目三遊亭金馬師匠の「茶の湯」や「金明竹」という噺もある。

170420_19

|

« 国立科学博物館:卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~ | トップページ | 三番瀬と谷津でシギチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65179702

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館:特別展「茶の湯」:

« 国立科学博物館:卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~ | トップページ | 三番瀬と谷津でシギチ »