« アシ焼きの回復具合を見に | トップページ | 利根川エリアパトロール »

2017/05/17

東京芸術大学美術館:雪村 奇想の誕生

170517_1

今日は「世界電気通信記念日」、「パック旅行の日」。

東京芸術大学美術館で開催中の特別展「雪村 奇想の誕生」が終わりが近いというので慌てていってきた。

雪村の絵を見ていると、奇想というか遊び心のある絵を描いているという印象が強い。

雪村は、常陸国の佐竹家に縁があるということで、文化の中心の京都・大阪からみると僻地の絵師で、定式にとらわれなかったのではないか。

だから後世の絵師たちが、リスペクトしたし、手本にしたのだろう。

どうしておばさんは美術館で井戸端会議をするのだろう。それもだんだん声が大きくなってきて五月蝿い!

東京芸術大学でブリューゲルのバベルの塔を立体化した模型も見てきた。

170517_2

170517_3

170517_4

|

« アシ焼きの回復具合を見に | トップページ | 利根川エリアパトロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65292264

この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学美術館:雪村 奇想の誕生:

« アシ焼きの回復具合を見に | トップページ | 利根川エリアパトロール »