« ツアー3日目 大雪山旭岳からサロベツ原野 | トップページ | ツアー4日目:フェリーで天売島へ »

2017/06/25

ツアー4日目:午前中はサロベツ原野

170625_0

今日は「救癩の日」、「天覧試合の日」。

早起きして窓の外を見ると大雨が降っていて、雷鳴も聞こえた。原野で雷は最悪なので、どうなるかと心配していたら、出発する頃には小降りになってきて、観察ポイントに着く頃には雨が上がった。

風は少しあるけれど、鳥の声がよく聞こえ、動きが活発になってきた。

目標のシマアオジは、遠かったけれど見ることができた。シマアオジは、北海道にいた30年前は、ウトナイ湖でも見ることができたのに、急速に数が減って見ることができる場所が限られてしまっているのは残念だ。

170625_2

シマアオジは少なくとも3個体がいるようだ。

170625_1

ホオアカは比較的近くに出てくれた。

170625_3

オオジシギがディスプレーフライトをしていた。

170625_5

ツメナガセキレイも囀っていたが、いずれも遠い。

170625_4

冬に霞ヶ浦でおなじみのオオジュリンにも会えた。頭が黒くなっている。

昼前にサロベツ原野から天売島に向かって海岸線を一気に南下。

【サロベツ原野で観察した野鳥】
マガモ、アカエリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ツツドリ、オオジシギ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ウグイス、マキノセンニュウシマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、ムクドリ、ノゴマ、ノビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、ツメナガセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオアカ、シマアオジ、アオジ、オオジュリン 32種

|

« ツアー3日目 大雪山旭岳からサロベツ原野 | トップページ | ツアー4日目:フェリーで天売島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65472490

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー4日目:午前中はサロベツ原野:

« ツアー3日目 大雪山旭岳からサロベツ原野 | トップページ | ツアー4日目:フェリーで天売島へ »