« 意外と忙しい | トップページ | 夏日にならなかった »

2017/08/01

映画「ザ・マミー」

170801_2_2

シネマコンプレックスのポイントが溜まったので、トム・クルーズ主演の「ザ・マミー」を見てきた。

ユニバーサルのモンスター映画シリーズ「ダーク・ユニバース」の一つとして作られたらしい。

5000年前のミイラになった邪悪な王女が復活するモンスター映画なのだけれど、見ていて古臭い感じがしていた。

インディー・ジョーンズのように設定が昔の話なら古臭くても良いのだけれど、現在の設定なのに不思議と戦前の臭いがする場面とストーリー展開になっている。

トム・クルーズは格好良いけれど、キャラクター設定が最後までよくわからなかった。

それにしても、トム・クルーズは途中から不死身になって肋骨が折れても平気になるぞ。


ラッセル・クロウが前半でチラリとでるのだけれど、後半正体が分かって、ひっくり返ってしまった。なんと、ジキルとハイドだって。

砂嵐、建物のガラスが一気に割れる、ビルが砂嵐で崩壊してくなどのVFXは面白いけれど、なんだか無理やりすぎる。

復活した王女は恐ろしいから納涼映画としては良いだろう。

|

« 意外と忙しい | トップページ | 夏日にならなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65609104

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ザ・マミー」:

« 意外と忙しい | トップページ | 夏日にならなかった »