« ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ) | トップページ | お盆休み »

2017/08/12

雨上がりの里山散歩

170812_1

今日は七十二候の「蜩鳴く」、「日中平和友好条約調印の日」、「航空安全の日」、「最高気温記念日」。

早朝に雨が上がったので、里山散歩にでかけた。

里山の入り口で今年も沢山の案山子達がお出迎え。毎年、水田を作っている子供達が秋の稲の収穫の前に作っている。

雨に濡れた谷津田への道にはカタツムリやカエルが元気に動き回っていた。トンボなどは翅が濡れているのか、止まっているものが多かった。

雨が降っていたので、池の水は少し戻ってきたようだ。

170812_2

自然農で耕作している水田は、田植えが遅いのでようやく稲の花が咲き始めていた。

170812_3

イネにオオコフキコガネがいた。

170812_4

ハネナガイナゴが脱皮していた。

170812_6

果樹園のミカンにキボシアシナガバチキアシナガバチの巣があった。

170812_8

ヒグラシがキイロスズメバチキアシナガバチに襲われていた。見ているうちになんとか逃げ切った。ヒグラシの腹にはセミヤドリガの幼虫が6匹も着いていて、動きが鈍かったのだろうか。

170812_10

アブラゼミミンミンゼミが羽化していたが、昼間に羽化するのは珍しいけれど雨が止むのを待っていたのだろうか。

170812_9

ヤブミョウガの実が色づき始めていた。

170812_12

今日はコハクオナジマイマイが目立っていた。

【観察した野鳥】
マガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、オオタカ、サシバ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、スズメ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ 16種+コジュケイ

|

« ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ) | トップページ | お盆休み »

コメント

コアシナガバチはキボシアシナガバチ(これはよくわかりませんが、巣の様子が反り返っていない)、キアシナガバチはキイロスズメバチ(頭楯が四角い)、ミンミンゼミはアブラゼミ(触角の第3節が第2節より長い)のように思えます。

投稿: yamasanae | 2017/08/13 17:47

yamasanaeさん

ありがとうございます。オリジナルの写真を確認したところコアシナガバチはキボシアシナガバチでした。キアシナガバチは別カットを確認しましたがキイロスズメバチでした。ミンミンゼミは触覚の毛も多いのでアブラゼミでした。

投稿: きたきつね | 2017/08/13 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65656198

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの里山散歩:

« ナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ) | トップページ | お盆休み »