« くらしの植物苑:伝統の朝顔 | トップページ | 三番瀬、谷津干潟、稲敷周辺を巡ってきた »

2017/08/19

高い不快指数の里山散歩

170819_1

今日は「俳句の日」、「バイクの日」。

日照時間不足で野菜の生産に影響が出てきてるくらい、8月に入ってから天気が悪い。今日も未明に雨が振り、高湿度の中で里山散歩。

池の水位が随分戻ってきた。ヒシがどんどん面積を広げていて、その中にハスがポツリポツリと葉を広げていた。

ハスは二年前に消えてしまったけれど復活してきたようだ。

昨年から水田にヌマガエルが見ることができるようになってきて、どこからか持ち込まれたようだ。

170819_2

ヌマガエルは何度も目撃していたけれどようやく写真が撮れた。

170819_3

ハグロトンボの写真も撮れた。

170819_5

今日はキマダラセセリがめだった。

170819_8

今シーズン初めてゴイシシジミを見ることができた。例年だと7月くらいから見ることができたけれど、今年はなかなか見ることができなかった。

170819_6

アブラゼミの羽音が地面でしたので探してみるとヤブキリのメスが噛み付いていた。

170819_11

ハゴロモヤドリガの幼虫が寄生しているスケバハゴロモがいた。

170819_12

コナラシギゾウムシを久しぶりに見た。

170819_13

アカハネナガウンカの青い目はいつ見ても不思議な感じだ。

170819_14

ボーベリア菌に冒されたカマキリの死体を見た。

170819_16

湿度が高く、気温もあるので雑木林はノウタケをはじめ色々なキノコが顔を出していた。

【観察した野鳥】
マガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、オオタカ、サシバ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 20種+コジュケイ

|

« くらしの植物苑:伝統の朝顔 | トップページ | 三番瀬、谷津干潟、稲敷周辺を巡ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高い不快指数の里山散歩:

« くらしの植物苑:伝統の朝顔 | トップページ | 三番瀬、谷津干潟、稲敷周辺を巡ってきた »