« 上野の博物館巡り | トップページ | 足の不調で完全休養日 »

2017/10/07

二週間ぶりに里山散歩

ミサゴ

今日は「ワイシャツの日」、「アウトドアスポーツの日」。

昨夜は寝込みを強い地震に起こされて、未明は強い雨の音で目覚めてしまった。中途半端な感じで目覚めると雨が上がっていたので、里山散歩にでかけた。

駐車場で車を降りた時に、ミサゴが2羽飛んできた。最近、時々見かけるようになっていて、池で魚を獲っているらしい。

池には、コガモ、マガモ、カワセミ、キセキレイがいた。この時期にキセキレイは珍しい。

谷津の上をカケスが飛んでいて、カマキリを咥えた個体がいたらしい。

谷津に向かう途中の農家の庭のザクロが口を開けていた。イチジク、柿などもあるけれど取り込まれずに鳥のエサになっているので、もったいない。

171007_2

チカラシバが穂を広げていた。

171007_3

あかまんま(イヌタデ)の赤い花が膨らんでいた。

171007_4

ピンク色のミゾソバの花が咲き始めた。花の色は群落ごとに濃淡があって綺麗だ。

171007_5

171007_6

ミツバアケビの実が色付き始めていた。もう少しでパックリと口を開けるだろう。

171007_7

アカヤマドリが何ヶ所も顔を出していた。味が良いらしけれど、放射能が高いので食べるのは避けることにしている。

171007_8

外皮には円錐形の小さな棘が沢山あるキツネノチャブクロがかたまって出ていた。

171007_9

名前のわからないキノコが何種類も見つかった。

171007_10

葉の裏にウスグモスズが隠れていた。

171007_11

エンマコオロギが目立った。

171007_12

トンボは、オオアオイトトンボ、マイコアカネ、ナツアカネ、アキアカネ、シオカラトンボ、ノシメトンボなどがいた。

171007_13

ハヤシノウマオイ(?)。見た目が同じなのでハタケノウマオイとは鳴き声で識別するらしい。

171007_14

卵でお腹が大きく膨らんだハラビロカマキリのメス

171007_15

尻のところに白い塊を付けたマダラカマドウマのメスがいたけれど、この白い塊はオスから受け取った「精包」というものらしい。直ぐ近くにオスがいたので、受け取った直後だったのかもしれない。

171007_16

オナガグモがクモを捕まえたところに出会うことができた。オナガグモはクモを食うクモといわれているが実際に狩りをするところを見たのは初めて。風が吹いていてなかなかピントが合わなかった。

171007_17

雑木林の道の上にノウサギの子が死んでいた。少し時間が経っているようだ。

171007_18

【観察した野鳥】
マガモ、コガモ、キジバト、オオバン、ミサゴ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ムクドリ、ヒヨドリ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ 22種+コジュケイ、ドバト

|

« 上野の博物館巡り | トップページ | 足の不調で完全休養日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/65886916

この記事へのトラックバック一覧です: 二週間ぶりに里山散歩:

« 上野の博物館巡り | トップページ | 足の不調で完全休養日 »