« 新 日本の探鳥地 首都圏編 | トップページ | 完璧なロコモ老人 »

2018/02/20

稲敷のオオヒシクイ

20180220_1

今日は「普通選挙の日」、「歌舞伎の日」、「アレルギーの日」。

稲敷のオオヒシクイの中にマガンが入ったらしいというので行ってみたが、見つけられなかった。

田起こしが進んでヒコバエが鋤き込まれてしまったので、稲の根をを食べているようだ。

途中でこぎつねから車が動かなくなったというSOSが来たので帰ってきた。修理に出した時にバッテリーの端子を外して戻した時にネジの締めが緩かったという、整備不良という結末。

昨日から読み始めた伊集院静の「小説 鳥井信治郎 琥珀の夢」の上巻を読了。下巻の半分まで読み進めた。

最近読んでいる本は、難しいところがあってなかなか進めないけれど、小説は比較的楽に読むことができる。

|

« 新 日本の探鳥地 首都圏編 | トップページ | 完璧なロコモ老人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲敷のオオヒシクイ:

« 新 日本の探鳥地 首都圏編 | トップページ | 完璧なロコモ老人 »