« 映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 | トップページ | 鳥を見に行くと元気になる »

2018/02/12

霞ヶ浦右岸パトロール

20180212_1

今日は「ペニシリンの日」、「ボブスレーの日」、「パンの日」。

まだ完調ではないけれどリハビリを兼ねて稲敷の浮島から土浦の霞ヶ浦総合運動公園まで風に当たリたくないので、ほぼ車の中から湖岸線をパトロールに行ってきた。

猟期が残り4日と終盤に入っているので、残り弾の処理なのか発砲音を聞きながら回ってきた。

霞ヶ浦周辺の蓮田は収穫の最盛期に入っていて、振替休日なのに冷たい蓮田に人が入っているのでシギチは少なかった。

鳥追いのトビ凧を始めてみた。風があるのでしっかり上がっていた。

20180212_2

田起こしをした水田にタヒバリが沢山入っていた。

20180212_3

サギ類はあまり目立たず風を避けていた。

20180212_4

シギチはどこにいってもタシギばかり。

20180212_5

ムナグロが6羽ほど越冬していた。

20180212_6

霞ヶ浦ではめったに見ることのないホオジロガモの小さな群れがいた。

20180212_7

ミサゴとトビが目立っていた。

20180212_8

霞ヶ浦では冬になるとユリカモメ以外はセグロカモメ、カモメが越冬していて、ウミネコは非常に稀だ。

20180212_9

よく見るとニシセグロカモメ(タイミルセグロカモメ)が1羽いた。

20180212_10

ホシハジロの群れの中にアカハジロのメスが1羽混じっていた。

20180212_11

途中、陸平貝塚に寄ってみたが、特に目立つものはなく、再現した竪穴式住居が燃えていた。煙で燻す時に火が着いたのだろう。

20180212_12

不思議なことにハシビロガモとミコアイサを見つけられなかった。前回、トモエガモを見た場所は何もいなかった。

【観察した野鳥】
コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、メジロガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ムナグロ、タシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ニシセグロカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン 49種+コブハクチョウ、ドバト

|

« 映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 | トップページ | 鳥を見に行くと元気になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/66387166

この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ浦右岸パトロール:

« 映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」 | トップページ | 鳥を見に行くと元気になる »