« 下北半島から福島沖 | トップページ | 朝から雨で、休養日 »

2018/03/19

友人と銚子・波崎、稲敷で鳥見

20180319_1

今日は「カメラ発明記念日」、「ミュージックの日」、「アカデミー賞設立記念日」。

九州の福岡から久しぶりに来た友人と銚子・波崎、稲敷の何度も通った場所を巡ってを回ってきた。

九州の鳥と関東の鳥は特にカモメ類は大分違うので、時々見たくなるらしい。

犬若漁港に行ってみたけれどコオリガモはいなかった。

20180319_2

まだスズガモが多かった。

20180319_3

カンムリカイツブリも夏羽になってきていた。

20180319_5

ハジロカイツブリも夏羽になって、遠目で見ると黒っぽく見える。

20180319_4

漁港では魚の水揚げをしていたけれど、サバのようでカモメはイワシのように盗めないので、あまり集まっていなかった。

20180319_6

ヒメウは、崖の途中に止まるのが好きなので、堤防の途中の出っ張りを探せば見つかる。

20180319_12

第3漁港の干潟にカモメが集まっていてシロカモメの若がいた。

20180319_13

ワシカモメの若もいた。

20180319_7

疲れたミツユビカモメが堤防の上で休んでいて、横を通っても逃げなかった。

20180319_9

ミツユビカモメの若鳥。

20180319_8

夏羽に換羽したミツユビカモメは非常に美しい。背中が濡れているので、衰弱しているようだ。

20180319_11

稲敷ではチュウヒが集まってきていた。ハイイロチュウヒも目の前を飛んでくれた。

20180319_10

昼食はラーメン好きの友人のチョイスで波崎の梅のやで四川風浜塩ラーメン。

【観察した野鳥】
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タカブシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、ニシセグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、ハイタカ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 48種+ドバト

|

« 下北半島から福島沖 | トップページ | 朝から雨で、休養日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/66519383

この記事へのトラックバック一覧です: 友人と銚子・波崎、稲敷で鳥見:

« 下北半島から福島沖 | トップページ | 朝から雨で、休養日 »