« 映画「万引き家族」 | トップページ | ノウゼンカズラの花が咲くと »

2018/06/30

梅雨明けの猛暑の中を里山散歩

20180630_1

今日は「夏越の祓」、「集団疎開の日」、「トランジスタの日」、「ハーフタイムデー」。

連続真夏日6日目でこの夏最高の33度超えの中で里山散歩。雲が流れ風も強い。

風があったので、雑木林の中は比較的涼しく感じた。

今日のハイライトは、栗崎遺跡のハズレの空き地で黒曜石の鏃を拾ったことだ。以前、チャートの鏃の破片を拾ったことがあるが、きれいなままの鏃は嬉しい。

強い風が吹いた後は、地表面の土が飛ばされて土器や石器が地面に現れるのだ。

20180630_12

谷津田では、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえ、ヤブカンゾウの花が咲いていた。

20180630_2

小さなクリの実が育っていた。

20180630_3

大きなアカヤマドリが地面から顔を出していた。

20180630_4

大きなアオダイショウと目があったので、アオダイショウが慌てて逃げていった。

20180630_5

ウラナミアカシジミが地面に近いところにとまっていた。初めて見た。

20180630_6

すぐ近くにアカシジミもいた。

20180630_7

トンボも多かったけれど、ウチワヤンマが休んでいた。

20180630_8

雑木林の奥でオオシオカラトンボのメスがいた。

20180630_9

腹の部分がないノコギリクワガタがアリに襲われていた。

20180630_10

ツマキヘリカメムシをみつけた。

20180630_11

全体に鳥の動きは少なかった。珍しかったのは、ムクドリの20羽ほどの群れが何組も飛び回っていたことだった。

池には越夏しているマガモが3羽見られた。太陽光発電所ではコチドリが見られた。

【観察した野鳥】
キジ、マガモ、カルガモ、キジバト、アマサギ、アオサギ、チュウサギ、ホトトギス、コチドリ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ホオジロ 21種+コジュケイ、ドバト

|

« 映画「万引き家族」 | トップページ | ノウゼンカズラの花が咲くと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/66886312

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けの猛暑の中を里山散歩:

« 映画「万引き家族」 | トップページ | ノウゼンカズラの花が咲くと »