« シャノアールに異変 | トップページ | 三宅島に向う »

2018/10/06

新しいCPAP装置の不具合

20181006_1

先月初めに無呼吸症候群の治療用のCPAP装置が新しくなったけれど、どうも微妙に圧力と送気量が違うようで、吸気音と息を吸う時の音がうるさくなってしまっていた。

慣れるだろうと二週間使って見たけれど、熟睡できないし、さらに圧力の関係で空気が食道入るようで、おならが出るようになってしまった。

前の装置では、全く問題がなく快適に使っていたので、メーカーに相談して、装置を見てもらうことになった。

装置の設定値は全く同じだし、制御プログラムは同じということだけれど、何かが違うようだ。実際の音の確認、風量の測定などをしてもらったところ、音はするけれど、風量は正常のようだった。。

他にも同じ訴えをするひともいるらしく、装置の設定は同じでも微妙な感じは使ってみなければわからないようだ。

技術や営業のひとがCPAP装置を使っていると実際の使用感が分かるのだろうけれど、そうでなければ難しいかもしれない。

解決策として同じ機種の別の装置をもってきたけれど、こちらはモーター音が今のものよりも大きいので使えないことがわかり、マスクを新しい種類のものにして試してみることになった。

これまでのシリコンカップと青いジェルカップを組み合わせた「コンフォートジェルブルー ネイザルマスク」というマスクを、テストしてみたところ音は小さくなるようなので鼻の部分だけを覆うシリコンカップだけの「ウィープ ネイザルマスク」に代えてみることにした。

一晩使ってみたところこれまでよりも音は小さくなっているようなので、様子を見ることにした。

|

« シャノアールに異変 | トップページ | 三宅島に向う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/67246617

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいCPAP装置の不具合:

« シャノアールに異変 | トップページ | 三宅島に向う »