« 苫小牧往復の海鳥ウォッチングに出発 | トップページ | 大洗・苫小牧航路復路 »

2018/12/01

大洗・苫小牧航路往路

20181201_1

今日は「世界エイズデー」、「デジタル放送の日」、「映画の日」、「鉄の記念日」。

日の出直後に甲板にでて金華山の手前から観察を始めた。

ユニクロの超極段とワークマンの防水防寒の上下の威力で寒さは感じはしなかった。

ポツリポツリとミツユビカモメがで始め、オオミズナギドリも出現してきた。

途中から、ミツユビカモメの大きな群れがでてきて、その中にトウゾクカモメが混じり始めた。

20181201_2

途中スズガモに遭遇。

20181201_3

三陸沖から風が強くなり、所々で雨も降り始めた。暗くなってきて、波しぶきをかぶりながらの観察になってしまった。

遠かったけれど、クロアシアホウドリとコアホウドリが見られた。アホウドリも出たらしいけれど、見ることができなかった。

20181201_4

ミツユビカモメの若鳥がいた。この冬を越して欲しいものだ。

20181201_5

トウゾクカモメは淡色型と暗色型の両方を見ることができた。中央の長い尾羽がまだ残っている個体が多いようだ。

20181201_6

ウトウが群れで飛んでいるところが見られた。

20181201_7

津軽海峡に入って暗くなって鳥の識別ができなくなってきたので観察終了。寒いと肩に力が入るので肩が凝ってしまった。

風呂にゆっくり入って冷えた体を温めて、苫小牧まで仮眠したが、二時間ほど熟睡した。

苫小牧に着いてからタクシーで回転寿司を食べてきた。活ほっきの握りがうまかった。

【観察した野鳥】
スズガモ、クロガモ、ウミアイサ、シロエリオオハム、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ヒメウ、ミツユビカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウトウ 17種

|

« 苫小牧往復の海鳥ウォッチングに出発 | トップページ | 大洗・苫小牧航路復路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/67447102

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗・苫小牧航路往路:

« 苫小牧往復の海鳥ウォッチングに出発 | トップページ | 大洗・苫小牧航路復路 »