« 完全休養日 | トップページ | とりのなん子「とりぱん 24」 »

2018/12/29

今年最後の里山散歩

20181229_1

今日は「清水トンネル開通記念日」、「シャンソンの日」。

寒かったけれど快晴になったので、今年最後の里山散歩にでかけた。

大池の水面は氷が張ってカモが狭い開水面にあつまっていた。見ているうちに氷がどんどん融けて開水面が広がっていた。

池の上にミサゴが現れたけれど、氷の張った水面を見て林の奥に消えた。谷津田上空にノスリが旋回して近づいてきた。

20181229_2

まだ、冬鳥が少ない。これから山に雪が降って積もるようになると平地にやってくるのだろう。エナガの群れに出会うことができた。

20181229_3

チョウセンカマキリの卵嚢があった。

20181229_4

エノキの下の落ち葉の裏にゴマダラチョウの幼虫が越冬していた。

20181229_5

ウラギンシジミの越冬個体がいた。羽が少し欠けている。

20181229_6

栗の木の枝にクリオオアブラムシがいて、沢山の卵を産んでいた。

20181229_7

【観察した野鳥】
オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キジバト、カワウ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 36種+ドバト

|

« 完全休養日 | トップページ | とりのなん子「とりぱん 24」 »

コメント

越冬卵だったですね。幹母は、春に発生するようですので、大きいのは卵生雌なのでしょうね。

投稿: yamasanae | 2018/12/30 08:46

yamasanaeさん

大きいのは産卵した後のメスの死体ではないでしょうか。

投稿: きたきつね | 2018/12/30 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/67535113

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の里山散歩:

« 完全休養日 | トップページ | とりのなん子「とりぱん 24」 »