« 大洗・苫小牧航路往路 | トップページ | 焼餃子を作った »

2018/12/02

大洗・苫小牧航路復路

20181202_1

今日は七十二候の「橘始めて黄ばむ」、「原子炉の日」、「奴隷制度廃止国際デー」、「日本人宇宙飛行記念日」。

一番海鳥の出る下北半島エリアを抜けてしまうので、日の出前の暗いうちに甲板にでて観察を開始した。

前日と違って、風もなく、波も穏やかだった。

船の上をオオハクチョウの群れが南西に向けて飛んでいった。

ミツユビカモメの群れに何度も出会うことができた。

20181202_2

風がないのでオオミズナギドリが着水していて、船が近づくと飛び出していた。

20181202_3

カマイルカの群れに何度か遭遇できて、ジャンプするところも見ることができた。

20181202_4

苫小牧に向かう深夜便の「さんふらわ たいせつ」とすれ違った。

20181202_5

シロエリオオハムが高いところを飛んでいた。

20181202_6

釜石観音が見えた。

20181202_7

途中、カモメ類の大きな群れが見渡す限り広がっていて一万羽を超えているのではないだろうか。

20181202_8

コアホウドリが比較的近くで飛んでいた。

20181202_9

今回の航路はいつもよりも陸に近いようで、女川原発を見ることができた。

20181202_10

金華山の真横を通過した。これまでこれほど近くを通ったことはないと思う。

20181202_11

舷側からクロアシアホウドリが二羽飛び出した。つい見惚れてしまい後ろ向きの写真になってしまった。

20181202_12

福島沖から鳥がほとんど見ることができなくなったので、観察終了にした。
大洗に着くまで、ゆっくり風呂に入って、仮眠、夕食を食べて休息。
【観察した野鳥】
オオハクチョウ、スズガモ、ウミアイサ、シロエリオオハム、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、フルマカモメ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ウミウ、ヒメウ、ミツユビカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメ、ウトウ 16種

|

« 大洗・苫小牧航路往路 | トップページ | 焼餃子を作った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24505/67447251

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗・苫小牧航路復路:

« 大洗・苫小牧航路往路 | トップページ | 焼餃子を作った »