« アベノマスクが届いた | トップページ | 初の真夏日 »

2020/06/04

サギのコロニーを見に

20200604_1

今日は「天安門事件の日」、「侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー」、「虫の日」、「虫歯予防デー」。

三日連続で夏日。

土浦市のサギのコロニーに様子を見に行ってきた。ここのコロニーは、ゴイサギ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギの5種が繁殖している。

土浦市には他にもサギのコロニーがあったけれど、住宅地に近い場所だったり、近くに住宅が建ったりして、臭気や鳴き声が迷惑ということで、コロニーだった林が伐採されて、無くなってしまった。

近くのつくば市のゴルフ場の中にアオサギのコロニーが残っているのが救いだ。

20200604_2

今年も単独でアカガシラサギがコロニーに紛れ込んでいた。毎年諦めることなく飛来するのは、サギの群れと一緒に行動しているということのなのだろうか。

ここのコロニーは、オープンな場所なのだけれど、人が簡単にアプローチできない環境で安心して営巣できるようだ。

20200604_3

コサギのヒナは少し大きくなっていた。

20200604_7

チュウサギは抱卵中が多いようだ。

20200604_4

ダイサギも抱卵に入るところのようだ。

20200604_6

アマサギは、そろそろ巣立ちに近いようだ。

20200604_5

ゴイサギのヒナは巣立ちの準備で羽ばたきの練習をしていた。

20200604_8

毎週散歩に行っている里山の池に行ってみると、カイツブリのヒナがいた。3羽いるようで、大きくなっていたのに気が付かなかった。人が多い日にはアシ原に隠れていたのだろう。

20200604_9

池の奥を見るとオシドリのオスがいた。今頃どうしたのだろう。

|

« アベノマスクが届いた | トップページ | 初の真夏日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アベノマスクが届いた | トップページ | 初の真夏日 »