« 葬儀に参列 | トップページ | 雨模様の里山散歩 »

2020/07/10

小幡北山埴輪製作遺跡

20200710_1

今日は「四万六千日」、「国土建設記念日」、「ウルトラマンの日」、「納豆の日」。

午前中早く涸沼方面に鳥を探しにいったけれど、目的の鳥は見つけられなかった。最近はハズレが多いのが悲しい。

時間があったので、帰り道にいつも気になっていた国指定史跡「小幡北山埴輪製作遺跡」を見てみることにした。

6、7世紀に大規模な埴輪工房があった跡ということだ。この場所は、良質の粘土が産出する場所ということで、船塚山古墳や武者塚古墳などを飾った埴輪の製作をしていたのだろう。

県の遺跡は草刈りなどの管理はされているけれど、遺跡を見せる工夫が不足している感じがする。

20200710_3

粘土の採掘跡は紫陽花などが植えられていてよく分からない。

20200710_2

埴輪を焼いた登り窯が59基も出土したらしく、全国で一番多いらしい。一部再現されていて、他はツツジの植栽で表現されている。

20200710_4

前方後円墳の復元模型があったけれど、素人の手作りらしくよく分からないものだった。

|

« 葬儀に参列 | トップページ | 雨模様の里山散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葬儀に参列 | トップページ | 雨模様の里山散歩 »