« 竹村公太郎:江戸の秘密 | トップページ | 夜の観察会 »

2021/07/21

水田エリアをパトロール

20210721_1

今日は「自然公園の日」、「神前結婚記念日」、「破防法公布記念日」。

相変わらず猛暑日に近い真夏日が続いている。

午前中、整形外科でのリハビリが早く終わったので、帰りに水田エリアにパトロールに行ってきた。

早く田植えが終わった水田では、稲の花が咲き始めていた。

もうオオヨシキリのオスは囀らなくなっていたけれど、コヨシキリは渡って来るのが遅いのでまだ囀っていた。

水田の畦を一本一本確認しながら農道を進んでいくと、カルガモ、ゴイサギ、チュウサギなどが隠れていたり、オオヨシキリの幼鳥がウロウロしていたりしていた。

なんとかこの秋初のオオジシギを畦の間に見つけることができた。畦の間にオオジシギが出てくるかどうかは偶然しかない。

数個体が次々と羽を休めにきて、それぞれ2週間ほどで移動してくのだろう。

20210721_2

キジの親子がいたけれど、幼鳥は直ぐに稲の間に潜り込んでしまった。

20210721_3

【観察した野鳥】
キジ、カルガモ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオジシギ、ハシブトガラス、ツバメ、ウグイス、オオヨシキリ、コヨシキリ、セッカ、スズメ、 14種+ドバト

 

|

« 竹村公太郎:江戸の秘密 | トップページ | 夜の観察会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹村公太郎:江戸の秘密 | トップページ | 夜の観察会 »