« 雪が降った | トップページ | サイコロのようなもの »

2022/03/23

高崎自然の森

20220323_1

今日は「世界気象デー」、「乳酸菌の日」。

昨日の雪を降らせた北風の影響で今朝は氷点下2.5度まで下がってカリカリに凍っていた。

高崎自然の森で平日探鳥会があるというので行ってきた。

園内は河津桜や早咲きの品種の桜だけでなく、ハナモモも咲いていた。

あと2週間ほどで旧暦の桃の節供になるので、それまで花を残して欲しい。

この場所は今シーズンは何度かいっているので特に珍しいものはないと思っていたけれど、川沿いの道でアリスイとビンズイに会うことができた。

クイナやトラツグミが見られたこともあるようで、この道は意外な出会いがありそうだ。

20220323_2

この森ではお約束のルリビタキは、カメラマンに取り囲まれていたので、離れたところから記念写真。

20220323_3

シロハラも落ち葉を引っ繰り返しながら虫を探していた。

探鳥会では25種見られたようだけれど、きたきつねは22種だった。

【観察した野鳥】
キジ、アオサギ、オオタカ、サシバ、カワセミ、アリスイ、コゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ 22種+コジュケイ

|

« 雪が降った | トップページ | サイコロのようなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪が降った | トップページ | サイコロのようなもの »