« キムネクマバチのオスに遊んでもらった | トップページ | ブルーベリーが満開 »

2022/04/23

緑が濃くなった里山散歩

20220423_1

先週色々な色の若葉で山が笑っていたけれど、今日は葉が育って緑が濃くなっていた。

午後から水戸で打ち合わせがあるので、池の先の湿地までのショートコースで戻ってきた。

日一日と季節が進み、生き物の数が増えてきているのが目に見えるようになってきた。

池のカモはさらに減ってきているが、種ごとに数に増減があるので越冬した群れは居なくなり、渡りの途中で休んでいるのだろう。

池の奥のアシの中に鯉が生んだ卵を食べていたオオバンもそろそろ渡っていくのだろう。

今年もキビタキが立ち寄ってくれた。毎年同じ場所で鳴いている。

20220423_2

谷津への道の途中でナカムラオニグモを初めて見た。

20220423_3

民家の植え込みの上にアオダイショウの幼獣がいた。

20220423_4

谷津でサシバが木の枝に止まって隠れているようだ。

20220423_5

水路の岸にツボスミレが咲いていた。ツボスミレが咲くとスミレは終わりということらしい。

20220423_6

名前が怖いオニタビラコの花が咲いていた。

20220423_7

クサノオウの花が増えてきた。

20220423_8

試験管洗ブラシのようなウワミズザクラが満開になっていた。

20220423_9

堤防のサクラの木の葉にアリグモのメスがいた。完全にクロアリに見える。

20220423_10

よく見ると脚が8本あるし、顔を見ると明らかに蜘蛛だ。

20220423_11

クロハネシロヒゲナガのオスが長いヒゲで飛びにくそう。体は黒なのだけれど、構造色で角度が変わると金色に見えた。

【観察した野鳥】
キジ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、オオバン、サシバ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、、ホオジロ、アオジ 26種+ガビチョウ

|

« キムネクマバチのオスに遊んでもらった | トップページ | ブルーベリーが満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キムネクマバチのオスに遊んでもらった | トップページ | ブルーベリーが満開 »