« 日本全国酷暑 | トップページ | 妙岐ノ鼻のアシ原 »

2023/08/10

Theむし 昆虫図鑑4200種

信濃毎日新聞社から新しい昆虫図鑑「Theむし 昆虫図鑑4200種」を買ってしまった。

分からない昆虫(ほとんど分からないのだけれど)は、「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」、「日本の昆虫1400(1)」、「日本の昆虫1400(2)」の3冊の図鑑を使って調べている。

「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」は九州・沖縄の昆虫2,621種、「日本の昆虫1400」は2冊で2,800種で大体分かるのだけれど、時々ガ、アリ、ハエなどが載っていないものがでてきていた。

分からないものはネットで調べたり、虫をよく知っている友人に尋ねたりしている。

「Theむし 昆虫図鑑4200種」は4200種ということで、これだけあればなんとかなるだろうということだ。

実際に見てみると、掲載種が多いということは、きたきつねのような素人には沢山ありすぎて調べるのが大変なことがわかった。

使っているうちに慣れてくるだろう。

 

|

« 日本全国酷暑 | トップページ | 妙岐ノ鼻のアシ原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本全国酷暑 | トップページ | 妙岐ノ鼻のアシ原 »