« タコパー | トップページ | 屁糞葛 »

2023/08/19

汗をたっぷりかいて里山散歩

20230819_1

今日は「俳句の日」、「警察手帳交付の日」、「バイクの日」。

ジリジリと音がするような日差し中で里山散歩にでかけた。

雑木林の中にいても気温が高いので汗が吹き出してきた。

しっかり飲み物を用意していったけれど1リットルでも足りなかった。

雑木林の道に葉の付いたコナラの実が沢山落ちていた。

これはオトシブミの仲間の甲虫のハイイロチョッキリの仕業で、ドングリの帽子のところに穴を開けて実に卵を産んで、葉の付いた枝をチョッキリと切って落としてしまう。

枝から葉がついたまま切り落とすのは、幼虫がドングリの実を食べるとコナラの木が幼虫の生育を阻害する物質を出すので、その阻害物質が実に届かないように枝を切ってしまうということだ。

久しぶりにカワセミが出現した。

20230819_2

綺麗なキマダラカメムシの成虫がエノキの幹にいた。

20230819_3

クズの茎でハラビロヘリカメムシが交尾していた。

20230819_4

池の水面からウシガエルのオタマジャクシが何匹も顔を出して何かを食べているようだった。

20230819_5

夏は色々なキノコが出てくる。

20230819_6

オオヤマトンボを確認するため網で捕獲したのを見せてもらった。

20230819_7

【観察した野鳥】
キジバト、アオサギ、ダイサギ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ 17種+コジュケイ、ガビチョウ

|

« タコパー | トップページ | 屁糞葛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タコパー | トップページ | 屁糞葛 »