« 洗濯日和の一日 | トップページ | 着実に秋が深まって »

2023/10/12

シギ・チドリを探しに

20231012_2

午前中時間が空いたので駆け足で蓮田にシギ・チドリを探しに行ってきた。

早場米地帯なので8月中旬に稲刈りが始まっていて、気温が高く推移していたので蘖(ひこばえ)が大きく育って二度めの収穫ができそうな状態に生育していた。

昔なら自家米にするために収穫しただろうけれど、今はそのまま鋤き込んでしまうようだ。

毎年、渡りのシーズンにケリが入る場所に今年もケリが来ていた。

20231012_3

先週、ウズラシギの群れが入っていた収穫跡の蓮田にツルシギの群れが入っていた。

20231012_4

よく見るとアオアシシギも見られた。今シーズンはコアオアシシギは多く見られるけれど、アオアシシギは少ないようだ。

20231012_5

先週はなにも居なかった別の場所にコアオアシシギがいた。

20231012_6

いつもクサシギが居る場所にエリマキシギが混じっていた。

20231012_7

今シーズンはウズラシギが多いが、中にアメリカウズラシギが複数入っていて、非常に近くまできた。

20231012_8

ウズラシギとアメリカウズラシギが並んで比較できた。

20231012_9

ヒバリシギとオジロトウネンも複数入っていた。

20231012_10

ハクセキレイが水の中から何かの幼虫をつまみだした。

20231012_11

【観察した野鳥】 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ケリ、コチドリ、セイタカシギ、タシギ、クサシギ、イソシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、ツルシギ、タカブシギ、ヒバリシギ、トウネン、オジロトウネン、アメリカウズラシギ、ウズラシギ、キリアイ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ 40種+ドバト、コジュケイ

|

« 洗濯日和の一日 | トップページ | 着実に秋が深まって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洗濯日和の一日 | トップページ | 着実に秋が深まって »