« 紅花資料館や山寺など | トップページ | テントウムシの蛹 »

2024/05/18

山形市から米沢市を通って帰ってきた

20240518_1

今日は「国際博物館の日」、「国際親善デー」、「18リットル缶の日」。

昨日と打って変わって快晴で気温が29℃近くまで上昇して暑い日となった。

朝ホテルの窓から昨日通ってきた白く雪を冠った月山が見えた。

十数年ぶりに泊まった東横INNの無料の朝食は、おにぎりと味噌汁かと思っていたら、比較的普通のバイキングになっていた。

最終日の今日は、早朝から山形城跡の霞城公園を散策して、9時の開場を待って昨日見ることができなかった山形県博物館と山形市郷土館を見ることにした。

山形城は、天守閣を持たない平城で、明治維新後他県の城址と同じように博物館や野球場や体育館などの公共施設が建てられている。

大手門、堀などが残されていて、野球場は撤去されて発掘調査がはじまっていた。

20240518_2

公園内には大きなポプラが植えられていて、白い綿毛の種が沢山降っていた。

20240518_3

偶然、今日は国際博物館の日で、博物館は無料開放になっていた。きたきつねは、博物館や民俗資料館が大好きなので、地方に出かけたときには可能な限り観覧することにしている。博物館や資料館には意外と興味深い資料に出会うことができるのと、その地域の行政の文化政策の状況もしることができる。

山形県立博物館には尾花沢で出土した国宝の縄文の女神が所蔵されていて展示されていた。

20240518_5

考古や民俗、自然などの資料が展示されていたけれど、資料の状態はあまり良くなく、カラー写真などは退色してしまていた。

庄内地方で背中に荷物を背負う時に使う背当て「ばんどり」があった。

20240518_7

博物館を出て、明治時代に建てられた山形県県立病院だった「旧済生館本館」を移築した山形市郷土館を見ることにした。

尖塔がついた明治初期の擬洋風建築として国の重要文化財と近代産業遺産となっている。明治期の医学関係の資料が展示されていて、撮影禁止となっていたけれど、著作権などの問題もないようなものばかりで、それよりも状態があまり良くなかった。

20240518_6

山形市では他に見たい場所もあったけれど、米沢にも寄りたいので出発した。

米沢市の米沢城址苑に着いたのがちょうど昼近くだったので、レストランで一応米沢牛ということでスジ肉のカレーを食べた。米沢牛のステーキやローストビーフなどは高すぎて年金生活者には合わない。

食後、最初に 米沢市上杉博物館で国宝の洛中洛外図屏風上杉本を見ることにした。5月19日までの春の原本展示だったので最初と最後の二回見てしまった。

洛中洛外図屏風は上杉本を過去に見ているけれど、今回は非常に近くで見ることができたので、眼福だった。歴博の甲本、乙本を見ているけれど、上杉本は桁違いに美しい。

もちろん、洛中洛外図屏風は撮影禁止だけれど、NHKのサイトで精細な画像を見ることができる。国宝、国宝級の資料も多かった。

20240518_9

博物館のエントランスに能舞台があるのはびっくり。

20240518_10

特別展「上杉茂憲 最後の藩主と米沢士族」も見ることができた。盛りだくさんで資料も多くゆっくり見たかったけれど、時間が足りなかった。

上杉鷹山は米沢市民に愛されていることがよく分かった。ジオラマやフィギュアがよくできていて、こちらは楽しかった。

20240518_11
20240518_12

もう一ヶ所市内の民俗関係の資料館に行こうと思ったけれど、疲れてしまい、帰りの運転もあるので、上杉神社を見て帰ることにした。

20240518_13

上杉鷹山はやはり破格の藩主だったと思う。

20240518_14

祖母が口癖のようにきたきつね兄弟の子供の頃に言っていたことばも鷹山由来だった。

20240518_15

博物館、神社と上杉家のための施設といってもいいようだ。もう一ヶ所、宮坂考古館も見たかったけれど、疲れ果ててしまい帰りの運転もあるので諦めた。

予定が決まっていれば、予約が必要な農村文化研究所置賜民俗資料館も見たかった。

米沢から福島で東北道に接続する自動車専用道ができていて、順調に走ることできて、日没前に帰宅することができた。

今回の旅で一番驚いたのは、ガソリンの価格で、山形県ではレギュラーガソリンが1L、187円だった。茨城県の一般のGSでは167円位なので、ずいぶん高く感じた。

もう一つは、茨城県と違い随分車の運転が大人しく、制限速度を遵守して、譲り運転をするドライバーが多いことだった。県民性がでるのだろうか。

 

|

« 紅花資料館や山寺など | トップページ | テントウムシの蛹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅花資料館や山寺など | トップページ | テントウムシの蛹 »