« 筑波実験植物園 | トップページ | ミニ旋盤でシャッターの部品作り »

2024/05/25

二週間ぶりの里山散歩

20240525_1

今日は「広辞苑初版発行の日」、「納本制度の日」、「食堂車出発の日」。

昨日よりも気温が5℃下がって夏日。

先週は山形に旅行に行っていたので二週間ぶりに里山散歩にでかけた。

谷津田の田んぼも田植えが始まった。昔は梅雨に入ってから田植えをしていたので、それほど遅いわけではない。

鳥は子育ての季節で里山は静かだった。ホトトギスが戻ってきていて里山の上を鳴きながら飛び回っていた。

キビタキの囀りは聞こえなかった。池の縁で嘴の短いカワセミの若鳥をみつけた。

池はヒシが水面を覆っていたけれど、よく見るとジュンサイハムシが発生していて、食害を受けて葉が枯れて赤くなってしまうだろう。

初めて見る虫がいたり見どころが多くて、予定時間を大幅に超過してしまった。

カワセミの若鳥は2羽いたようで、人を恐れないので横を通って初めて飛んでいった。

20240525_2

ビワの実が色づいてきていて、鳥が突いた実があった。

20240525_3

オバボタルに似たクビアカジョウカイがいた。

20240525_4

触覚がヒゲ状になったヒゲコメツキを初めてみた。

20240525_5

アブに擬態したヒメトラハナムグリがいた。これも初見。

20240525_6

ヒシの葉の上にジュンサイハムシのオレンジ色の蛹が沢山見られた。

20240525_7

ハラビロトンボのオス

20240525_8

ヒメクロホウジャクはノアザミに吸蜜にきていた。

20240525_9

ガのオオシラホシアツバ

20240525_10

ノグワに今年もクワゴを見ることができた

20240525_11

アサマイチモンジとイチモンジチョウを見ることができた

20240525_12

クロアゲハがノアザミで吸蜜

20240525_13

ウラギンシジミ

20240525_14

ヒメウラナミジャノメ

20240525_15

【観察した野鳥】
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ホトトギス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ 21種+コジュケイ、ガビチョウ

|

« 筑波実験植物園 | トップページ | ミニ旋盤でシャッターの部品作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筑波実験植物園 | トップページ | ミニ旋盤でシャッターの部品作り »