« 2024年6月 | トップページ

2024/07/15

夜の虫の観察会

20240715_1

今日は「海の日」、「中元(新暦)」、「ファミコンの日」。

午前中の雨も上がって夜は、毎年恒例になっている虫の観察会にでかけた。

今年はカラスウリの花を見ることができた。毎年タイミングが悪く、観察会の時に見られなかった。

ニイニイゼミの羽化を見るのがメインで、例年よりも個体数は数は少なめの印象だった。

それでも、羽化のいろいろなステージを見ることができて、参加の子どもたちだけでなく大人も初めて見る人も多く大喜びだった。

最新鋭の顕微鏡モードのついたコンデジOM SYSTEMSのTG-7のオートフォーカスが不調で失敗作ばかりだったのが残念だった。

続きを読む "夜の虫の観察会"

| | コメント (0)

2024/07/14

動画編集

20240714_1

今日は「廃藩置県の日」、「ペリー上陸記念日」、「検疫記念日」、「ひまわりの日」、「求人広告の日」。

梅雨前線の影響で午前中は雨模様で、午後からは曇り。気温も上がらず夏日でも涼しく感じた。

雨の中ヤマハギの花が咲いていた。おはぎとぼたもちは、萩の花が咲く頃はおはぎで、ボタンの花が咲く頃はぼたもちということになる。

急にビデオを作れということでmacOSのiMoveでファミリービデオの中から動画を切り貼りして10分ほどの動画を作った。

写真もあれば入れようと思ったけれど、ビデオ撮影しながら写真の撮影は無理だったので、写真アプリのライブラリーにやはり写真がなかった。

時間がなかったので、はっきり写っていない部分をカットしてタイトルを入れる程度になってしまった。

DVDプレーヤーで再生できるようにしようとしたけれどiMoveにはそのような機能はなく、昔iDVDというアプリがあったけれどそれもなくなっていた。仕方がないのでパソコンで見せることにして、MP4のファイルにして持っていくことにした。

そういえば最近のパソコンにはDVD装置が無いものの方が多くなっていて、動画をクラウドで共有したり、YoutubeやTikTokのような形で視聴することが主流になってしまったので、わざわざDVDを焼く必要が無いということのようだ。

近所のレンタルビデオ屋も配信で見る人が多くなっていつの間にか消えてしまったのともつながっているようだ。

でも、老人もスマホを持っている人が増えているけれど、アプリを使って若い人と同じように使えているひとはそれほど多くないので、DVDは必要ではないだろうか。

うちには先日まで沢山のVHSカセットがあったけれど、亡くなった義母はDVDさえも使えなかったので、ガチャンとVHSプレーヤーに押し込んで見ていたからだ。

| | コメント (0)

2024/07/13

雨上がりの里山散歩

20240713_2

今日は「日本標準時刻記念日」、「優生保護法の日」、「生命尊重の日」。

昨日は久しぶりに平年並みの気温だったので楽だったけれど、再び真夏日が復活してしまった。

雨上がりの里山散歩にでかけた。

繁殖終盤で野鳥の動きは目立たない状態で声ばかりで、姿は見えなかったけでど、久しぶりにサシバが一瞬だけど出現してくれた。

池の水面は一時ジュンサイハムシに食害されてヒシの葉が赤くなっていたけれど、ヒシが復活して緑の葉に覆われていた。

緑が濃くなり虫の動きが目立っていた。

オオカマキリの脱皮

20240713_3

続きを読む "雨上がりの里山散歩"

| | コメント (0)

今日の飛びもの 新中央航空のCessna 172P Skyhawk(JA3988)

20240713_1

土浦市宍塚上空を新中央航空のCessna 172P Skyhawk(JA3988)が通過した。

新中央航空のJA3988は、頻繁に出会っていて、空撮できているのだろか。

| | コメント (0)

2024/07/12

写真展:葉っぱと顔と貌〜写真家・吉野晴朗の世界

20240712_1

今日は七十二候の「蓮始めて開く」、「日本標準時制定記念日」、「人間ドックの日」、「ひかわ銅剣の日」。

朝から梅雨前線の雨で久しぶりに最高気温が25℃に届かなかった。

用事でつくば市に出かけたので、待ち時間を筑波実験植物園でつぶすことにした。

エントランスの教育棟で夏休み植物園フェスタの一環で「葉っぱと顔と貌〜写真家・吉野晴朗の世界」が開催中だった。

木々の葉っぱを組み合わせた作品を、透過光を使って撮影した写真が展示されていた。

魚や花や虫など子どもたちでも作ることを楽しめそうな作品がならんでいた。

雨の中、園内で作品に使われた葉っぱを少し探してみた。

続きを読む "写真展:葉っぱと顔と貌〜写真家・吉野晴朗の世界"

| | コメント (0)

2024/07/11

キョウチクトウの花

20240711_1

今日は「YS-11記念日」、「世界人口デー」、「真珠記念日」。

梅雨空で30.5℃と真夏日。湿度が高いので体感温度は高めだった。

銀行の近くでキョウチクトウの花が咲いていた。キョウチクトウは、車の排気ガスや大気汚染にも強いので、緑化木として使われるけれど、全体に毒があって、少量でも口にすると吐き気、嘔吐、下痢、めまい、腹痛などの中毒症状がでたり、剪定した枝葉を燃やした煙を吸い込むと死に至ることもあるということだ。

SNSで有名人の名前を使った投資詐欺が起きていて、最近でも牛久市で70代の会社役員の女性が8億円、つくば市で30代のパート女性が6千万円、日立市の60代無職女性が4千5百万円だまし取られている。

インターネット使っているだけで、手口は昔から同じなのに騙されるひとがいるのは、欲が理性を上回ってしまうからだろうか。

だいたい元本保証で、利率が数%以上になるようなことが本当ならば、絶対人に教えないで、金を借りてでも自分たちで運用するに決まっている。

それを教えるということは詐欺でしかない。

ニセ電話詐欺でも被害額が高額で、皆随分お金を持っているということの方が驚いてしまう。

| | コメント (0)

2024/07/10

妄想:身体機能曲線

20240710_1

今日は「四万六千日(新暦)」、「国土建設記念日」、「ウルトラマンの日」、「納豆の日」。

昨日よりも最高気温が5℃低い32.4℃と真夏日。

いつものように腰のリハビリに行ってきた。家での腰痛体操の効果はなかなか出てこない。

高齢者となって身体の衰えに関して未知の領域に入ってきたことが体感的に感じることができるようになってきた。

成長曲線と色々な身体機能の変化が似ているように感じていて、模式的に図を描いてみた。

人によって違いがあるので、幅があると思うけれど、20歳前後に身体機能のピークがきて、年齢に従って40歳前後まで徐々に低下して、それから40歳位から低下の度合いは個体差が大きくなってきて、ある時にゼロすなわち死を迎えることになる。

65歳からの前期高齢者、75歳からの後期高齢者の区分は適当だと思ってきたが、周りを見ていると、意外と外れてはいないような気がしている。

80歳を過ぎると平均寿命まで低下率は急速になるだろう。

この曲線はあくまでも平均的(?)と思われる人で、病気の要因がないことを前提にしているので、ガン、心臓病、認知症などの病気の要因が加わったりすれば勾配はきつくなる。

若くても身体機能が低下して廃用症候群と呼ばれるような状態になり、寝たきりとなったりすれば身体機能としてゼロに近くなるだろう。

逆に遺伝子的に健全であれば、低下率は少なく、着地点は100歳を超えるかもしれない。

現実には人それぞれに身体機能曲線があると思うが、それぞれある年齢からは身体機能の低下は急速になるだろう。

精神的、知的な機能についてはどんな曲線を描くことができるだろうか。

| | コメント (0)

2024/07/09

久しぶりに牛久自然観察の森

20240709_3

今日は「ジェットコースター記念日」。

最高気温が37.5℃と三日連続の猛暑日。

CTの撮影がスムースで予定よりも大幅に早く終わったので、オオムラサキでも見てこようかと牛久自然観察の森に行ってみた。

ヤマユリが咲き始めていた。良い香りがしていた。

ここでは林の下草刈りをしているのだけれど、アオキが好きらしく刈残しているのが不思議だ。

野鳥はほとんど期待できないので、園内を一回りした。

園内は誰もいないかと思ったけれど、ご同輩、それも夫婦で散歩している人が何組もいた。毎日のルーチンにしているのかも知れない。

樹液のでているクヌギの木があって、オオムラサキ待ちの人がいたけれど出てないようだった。

続きを読む "久しぶりに牛久自然観察の森"

| | コメント (0)

CT検査を受けてきた

20240709_10

朝一で近くの病院でCTで肺の断層撮影をしてきた。

CanonのCT装置は初めて見た。広範囲/高速/高分解能CT装置らしい。昔のGEのCT装置は巨大だったような記憶がある。

20240709_9

| | コメント (0)

今日の飛びもの 国土交通省航空局の飛行検査用航空機Cessna 525C Citation CJ4(JA012G)

20240709_1

牛久市牛久自然観察の森上空を国土交通省航空局の飛行検査用航空機Cessna 525C Citation CJ4(JA012G)が通過した。

成田空港の進入コースの安全検査のようだ。

20240709_2

| | コメント (0)

2024/07/08

2日連続の猛暑日

20240708_1

今日は「質屋の日」、「那覇の日」、「外務省開庁記念日」、「財務省開庁記念日」。

アオイ科のムクゲの花が咲き始めた。

2年前の今日、安倍晋三が統一教会の宗教二世の青年に撃たれた。殺人は良くないけれど、安倍晋三が生き続けていたと考えるとゾッとする。

インチキなアベノミックス、海外インフラ投資の官民ファンドの大失敗、統一教会との癒着、パーティー裏金問題、過度な円安、モリカケ問題など多くの負の遺産が死後一気に出てきている。

昨日とほぼ同じ気温で2日連続の猛暑日。相変わらず道東では最高気温が20℃以下。

外に出てみると、昨日と違って湿度が低いためか空気が焦げている臭いがした。

ちょっと出かけてみようかと思ったけれど、午前7時に30℃を越えたので、自宅待機。

暑いから、腰が痛いからと散歩をさぼっていると身体機能が低下してしまいそうだ。

家に籠もっていると弱りやすい筋肉は、歩くための筋肉で歩かない生活を続けていると、歩くための筋肉はみるみる落ちてしまうということだ。

確かに、股関節全置換手術を受けた時に、その前までリハビリと痛みに耐えて歩いていたので、術後の回復が早く、筋力があったのでリハビリも順調で早めに退院できたから、筋肉は大切だと思う。

| | コメント (0)

2024/07/07

ひたち野うしく七夕フェスタ2024

20240707_1

今日は「七夕(七夕の節供)」、「川の日」、「カルピスの日」、「冷やし中華の日」。

朝から30℃を越えて暑かったけれど、午後3時半過ぎに最高気温が36.7℃と35℃を越えて猛暑日になってしまった。

気象庁のWebサイトに毎日の全国観測値ランキングが出ていて各地でも猛暑日が記録されている。

毎日の全国観測値ランキング「日最高気温の高い方から」、「日最低気温の低い方から」、「日最高気温の低い方から」、「日最低気温の高い方から」のほか、降水量や風速などのランキングが見られる。

今日の最高気温が一番高かったところは、静岡県静岡市の静岡観測点で40.0℃を記録している。日本全国猛暑かと思えば、日最高気温の一番低いところは、北海道根室市の納沙布観測点で13.5℃となっていて暖房が欲しいだろう。

暑かったので家で休んでいたけれど、ブラブラしていてもということで、駅前で七夕まつりをしているというので見に行ってきた。

駅前の広場と通路でワークショップや輪投げ、ブラスバンドの演奏やダンスチームなどのイベントが行われていた。かき氷や焼きそばの屋台がでていて小規模だけれどお祭り気分が味わえた。

続きを読む "ひたち野うしく七夕フェスタ2024"

| | コメント (0)

2024/07/06

小暑に里山散歩

20240706_1

今日は旧暦6月1日で「新月」、二十四節気の「小暑」、七十二候の「温風至る」、「記念日の日」、「ピアノの日」、「サラダ記念日」。

梅雨が明けていないのに、小暑?、何が温風至るだという気分だ。

今日も各地で熱中症アラートがでていたけれど、アスファルトやコンクリートに囲まれた場所よりも体感は暑くないだろうと里山散歩にでかけた。

里山はニイニイゼミの鳴き声が一気に増えていて、これから蝉の声が賑やかになり耳から暑さが届くようになるのだと思うと気分が重くなる。

ホトトギスは雛が巣立ったのか鳴かなくなった。アシ原のオオヨシキリも子育て終盤でオスは適当にしか鳴かなくなった。

他の鳥たちも雛が巣立つと声をあまり立てずに林の中を目立たないように移動するので探すのが大変になるだろう。

林の中で、カラスがオオタカに食べられたと思われる食痕があった。いつもはオオタカをモビングしているけれど、空腹のオオタカに近寄ってはいけない。

続きを読む "小暑に里山散歩"

| | コメント (0)

2024/07/05

古い積み木

20240705_1

今日は「ビキニスタイル発表の日」、「農林水産省発足記念日」。

昨夜は熱帯夜だったので、エアコンのある部屋で寝た。

関東各地で猛暑日となっていて、このあたりは33℃と一歩及ばずなどと軽口をたたいているけれど、これから夏本番になるのに耐えられるだろうか。

夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜などと名前を付けてしまったのが暑さを増幅しているような気がする。

40年以上前にこぎつねに父がプレゼントしてくれた積み木を取ってあったのだけれど、まごぎつねも使わなくなったので、処分することにした。

| | コメント (0)

2024/07/04

10分もかからない散髪

20240704_1

今日は「梨の日」、「那須の日」。

先日の筑波実験植物園のハマナシの実。知床旅情ではハマナスと歌うのだけれど・・・。

暑いという話題しかなくなってきた。東京都内でも猛暑日になったらしい。

この暑さの中、鳥見に出かけるわけにもいかず、久しぶりに散髪に行ってきた。

散髪といっても、カットだけの理髪店で、それほど切る髪の毛もないのから、所要時間10分もかからずに終了。

老人になると眉毛が抜けるのを忘れてしまうので、ヒョロヒョロと伸びているのをサービスで切ってくれた。

| | コメント (0)

2024/07/03

老人になると身体に何も無い方が稀だろう

20240703_1

今日は「通天閣開業記念日」、「ソフトクリームの日」、「波の日」。

真夏日が続いていて、熱中症対策でエアコン稼働中。

午前中は、睡眠時無呼吸症候群の定期検診と腰椎すべり症のリハビリのダブルヘッダー。

肺に異音があって、レントゲンを撮ったところ、間質性肺炎の可能性があるので、CTスキャンを受けることになった。

きたききつねは、弟を間質性肺炎の増悪で亡くしているので、注意しなければならないようだ。

老人になると身体に何も無い方が稀だから、自然に受け入れることにしよう。

| | コメント (0)

2024/07/02

霞ヶ浦パトロール

20240702_1

今日は「一年の折り返しの日」、「ユネスコ加盟記念日」、「郵便番号記念日」、「うどんの日」。

曇りの予報が、青空が出て日差しが強く何日か振りに真夏日だった。

NPOの会報の発送の手伝いで土浦市にでかけたので、少し遅かったけれど10時過ぎに土浦市の手野からかすみがうら市田伏を通って霞ヶ浦大橋を渡り、行方市の湖岸線から潮来市の北利根橋から稲敷市本新から浮島、甘田入り干拓、西の洲干拓から湖岸線を古渡までの霞ヶ浦パトロールにいってきた。

この時期、霞ヶ浦周辺は鳥の種類は多くないけれど、時折変わったものがでることがあるのでちょっとだけ期待してでかけた。

特に変わったものは出なかったけれど、不思議なのは例年そこそこの数のオオバンが見られるのだけれど、1羽も見なかった。それと居残りのカモも一定数いるのだけれど、非常に少なかった。

アシ原のオオヨシキリは、そろそろ子育て終盤でオスの囀りが適当になってきていた。7月中旬辺りからオスが鳴かなくなってくるだろう。

大きなアシ原になっていた甘田入り干拓は水田造成工事が進んでいて、完成した水田では稲が育っていた。コジュリンが測量のポール上で囀っていた。

西の洲干拓もそろそろ水田の造成が始まるだろう。甘田入り、西の洲の両干拓地は長い間湿地からアシ原となっていて、夏にはオオセッカ、コジュリン、サンカノゴイ、冬にはチュウヒ、ノスリ、コミミズクなどが越冬してていたが、水田になると見られなくなるだろう。

続きを読む "霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0)

2024/07/01

半夏生ず

20240701_1

今日は七十二候の「半夏生ず」、「釜蓋朔日」、「山開き」、「海開き」、「生保護制度施行記念日」、「ウォークマンの日」、「函館港開港記念日」、「東海道本線全通記念日」、「国民安全の日」。

未だに半夏(カラスビシャク)が見つけられない。しかたがないので、今年もドクダミ科のハンゲショウの写真。

体調が悪かったり、天気が悪かったり、用事が入ったりでフィールドに出かけられないことが多くちょっとストレスが溜まっている。

先月末で日本野鳥の会を退会した。会員歴37年間だった。

長年、支部の探鳥会やHPの管理などボランティアしてきたけれど、老人になって耳も目も衰えてしまったし、残り少ない自分の時間を無駄に思えるようなボランティアに使うこともないだろう。

きたきつねが野鳥の会に入会したころは、本部も会報や図鑑、識別ハンドブックなどバードウォッチングのための情報の提供をしていたが、公益財団法人になってから自然保護団体としてバードウォッチングは事業の一部の扱いになってしまったので、一度辞めようと思ったけれど、支部で探鳥会などをしていたので今まで辞めずにきてしまった。

支部と言っても、日本野鳥の会の看板を背負った地方の野鳥の会は財団法人とは組織としては予算的にも人材的にも全く関係のない不思議な立ち位置なのだ。そのため現在は便宜的に支部と呼んでいるだけで、財団法人と関係なのに支部と名乗るのはおかしいということで、正式名称に支部は使われていない。

続きを読む "半夏生ず"

| | コメント (0)

« 2024年6月 | トップページ