2022/04/04

スキャンした写真の整理

20220404_1

今日は「沖縄県誕生の日」、「交通反戦デー」、「トランスジェンダーの日」、「ピアノ調律の日」、「あんぱんの日」。

最高気温が札幌よりも低いという氷雨の一日。

ショッピングモールのガチャに「ドイツ箱マグネットコレクション」があったので、いつものように一回回すとオオムラサキがでた。

中の蝶は印刷でフィギュアではない。

雨なので先日から続けているスキャンした写真を整理してExif情報を付ける作業を続けた。

古い写真でも撮影日のExif情報があると、デジカメの写真と同じに扱えるようになるので非常に便利になる。

個人的利用であれば無料という非常に便利な「XnView MP」というアプリ見つかったので、非常に効率的な作業が進んでいて、デジタルに完全に移行する2000年から1984年までの16年間の処理が完了した。

フィルム時代はデジカメと違ってフィルムと現像代がかかるので今のように沢山撮影することがないので、数が少ないのでそれほど時間はかからない。

これからが問題で、日記を付けていなかったので1980年以前の写真の日にちを調べるのが非常に難しくなる。記憶は当てにならないしどうしよう。

| | コメント (0)

2022/03/31

写真の整理をしなくては

20220331_1

今日は「教育基本法・学校教育法公布記念日」、「オーケストラの日」、「エッフェル塔落成記念日」。

午前中は南風が吹いて気温が上がったけれど、午後から北東の強い風が吹いて、夕方から雨になった。

夜には千葉で震度4の地震で、この辺りも結構揺れた。

春休みでまごぎつねを預かっているので、高崎自然の森に花見を兼ねて散歩に行ってきた。

枝垂れ桜は八分咲きの木もあったけれど、ソメイヨシノはまだ固い蕾でもう少し時間がかかりそうだ。

古い写真をスキャンしてあるのだけれど、Exif情報がないのでMacOSのアルバムで管理できないので、日付のExif情報を付けるのを試してみた。

アプリを使うと意外と簡単にできそうなので、時間があるときにやることにした。

1962年から写真を撮ってきたので、大量の写真があるけれど、フィルムの頃の写真は流石に少ない。デジタルカメラになってから飛躍的に撮影枚数が増えている。

フィルムの頃はフィルム、現像、プリントなどにお金がかかったので、1枚1枚撮っていて、面白いものもある。

家族の写真は五十数冊のアルバムにしてあるけれど、最近はこぎつね達はスマホで撮って、写真共有サイトにアップロードするのでアルバムを整理する元気がなくなった。

それでもデジタルデーターは泡沫の幻のようなものなので、プリントで残して置きたいものだ。

| | コメント (0)

2022/01/20

スマスコ用撮影アダプター

20220120_13

スマホをiPhoneSEからiPhone12miniに機種変してカメラ機能が良くなったので、スマスコに使えるのではないかということで撮影用アダプターを作った。

黒のスマホカバーにアルミの丸形ケースをテープと接着剤で固定した。

アルミの丸形ケースは、今使っているプロミナーの接眼レンズの外径に近いものを探してみつけたもので、若干接眼レンズの外径よりも大きかったのでビニルテープをケースの内側に貼り込んでしっかり固定できるように調節した。

スマホカバーはウレタンなのとレンズ周りの部分が少し厚くなっているで、面積の広い部分は強粘着両面テープ、細い部分はウレタンと金属を接着できるセメダインのスーパーXハイパーワイドを使った。

ちょっと隙間ができたので、黒のホットメルトで隙間を埋めて完成した。

続きを読む "スマスコ用撮影アダプター"

| | コメント (0)

2022/01/10

カメラの速射ストラップ

20220110_2

きたきつねは首と腰が悪いので望遠レンズの付いたカメラを持ち歩くときに肩から斜めに掛ける速射ストラップを使っている。

望遠レンズとカメラを合わせた重量が2kg無いので中国製の1,000円以下の安い速射ストラップを使っていた。

ところが、カメラとストラップをつなぐ止め金具が摩擦で摩耗して脱落してしまうトラブルがあって、レンズとカメラが外れてしまった。

幸い落下防止のストリングを付けていたのでランズとカメラは落下しませんでした。

そんなこともあり中国製ですが少し頑丈な速射ストラップにしました。

新しいストラップはメラとストラップをつなぐ止め金具が摩耗しても抜けにくい構造になっています。落下防止用のストラップも付属しています。

また、カメラ側に付ける金具がアルカスイス仕様になっているので、ストラップをつけたまま三脚の雲台に取り付けられる様になっています。

続きを読む "カメラの速射ストラップ"

| | コメント (0)

2021/11/14

コンデジのケースを替えた

20211114_2

きたきつねはコンデジ愛用者で常にベルトにケースに入れたコンデジを付けている。

今まで使っていたケースが傷んできてちょっとみっともないので新しいケースを買うことにした。

それに、ケースの蓋の部分にSDカードを入れるポケットがついていて、予備のSDカードを入れていたが、ポケットが擦り切れて穴があいてSDを落としてしまったこともあるので、限界だった。

探してみると、コンデジが売れていないのでケースの需要が少ないようで適当な大きさのケースがなかなか見つからなかった。

ようやく一つだけ適当なサイズのケースが見つかった。首から下げるベルトがついていたが使う必要がないので外した。

カバーの外側にジッパーの付いたSDカード用のポケットがあるので安心だ。

SDカードをカメラに入れずに出かけることがあるので、予備のSDカードを携帯するのは必須だろう。

| | コメント (0)

2021/11/03

マルハナバチの飛行

20211103_1

今日は「文化の日」、「文具の日」、「明治節」、「レコードの日」、「ゴジラの日」。

小春日和が続いていて天気が良いので出かけたいのだけれど、休養日。

ミラーレスでトラマルハナバチの撮影を試してみた。天気がよく明るかったのでコンデジよりは少しマシな写真が撮れた。

トラマルハナバチの動きが早いのに、劣化した反射神経がついていけない。

マルハナバチの仲間は口吻が長いので、筒状で長い花の蜜を吸うことができるので、ミツバチやアブが受粉できない花にとっては重要な役割がある。

| | コメント (0)

2021/10/06

愛用のミラーレスカメラ

20211006_1

腰が悪いきたきつねは、できるだけ軽く、望遠で写真が撮れるカメラということで、5年前から写真左のPanasonic LUMIX G8に100-300mmF4のズームレンズを組み合わせて使ってきた。

マイクロフォーサーズなので35mmカメラに換算すると200-600mmの超望遠ズームレンズになるのと、重量が1kg以下と軽いし。手ブレ補正など基本的な機能が揃っているところや、最短撮影距離が1.5mなので昆虫や草花のマクロ撮影もできるので里山散歩や探鳥で愛用してきた。

入門機なので仕方がないのだけれど、オートフォーカスが遅く、遠くのものに対するレンズの解像が悪いのが不満なところだった。

それで今年の春に、OLYMPUSからM.ZUIKO DIGITAL ED100-400mmF5.0-6.3が発売されたので買って使い始めた。このレンズは35mm換算で200-800mmの超望遠ズーム手持ち撮影ができるのが良いのだけれど、重量が1.3kgと重いのが難点だった。

続きを読む "愛用のミラーレスカメラ"

| | コメント (0)

2021/08/26

バシュポのPixco 超広角8mm f/3.8 魚眼レンズのレンズキャップを作る

Pixco_fisheye_cap_1

マイクロフォーサーズのミラーレスカメラで使っている格安魚眼レンズ「バシュポ Pixco 超広角8mm f/3.8」に付いていたレンズキャップをなくしてしまった。

魚眼レンズは、対物レンズが膨らんでいるので、手やものが触れやすいのでレンズキャップは必須だ。

中国製の格安レンズなので純正のレンズキャップだけは売っていないので困ってしまった。

何か無いかと道具箱を探してみるとダイソーで買った密閉容器の蓋が使えるようなので、レンズキャプの代わりに仮にはめて使っていた。

魚眼レンズにはフードが付いていてそれが特殊な花形なので、容器の蓋はピッタリというわけには行かずすぐ外れてしまう。

続きを読む "バシュポのPixco 超広角8mm f/3.8 魚眼レンズのレンズキャップを作る"

| | コメント (0)

2021/07/27

写真の整理をはじめた

20210727_1

今日は「スイカの日」、「政治を考える日」。

台風8号が関東か東北に上陸するというので身構えていたところ、銚子沖で停滞しているようで、青空が広がって天気が良くなった。

幸いワクチンの副反応は注射したところが痛いだけになった。

ワクチンの副反応も心配なので予定を入れていなかったので、懸案だった写真データの整理をすることにした。

1998年からはデジタルカメラに切り替えたので、中学校からの1997年までのネガフィルムをデジタル化してあって、統合していないものも混じっている。

重複した画像もあるので、それらを確認しながら整理するは気が遠くなりそうだったので放置していた。

自分だけで誰も使わないのだろうけれど、人生の履歴を整理するために使おうと思っている。それにしても写真を沢山撮ったものだ。

最初はハーフサイズのカメラで、その後一眼レフ、コンデジ、デジタル一眼、ミラーレスと撮影機材は変わってきても写真は上手くならない。

| | コメント (0)

2021/05/06

花の写真から名前を調べるアプリ「ハナノナ」

20210506_1

今日は「ゴムの日」、「鑑眞忌」。

朝まで雨が残っていたけれど、晴れてきて良い天気になった。

午後少しだけ近所を散歩してきた。

千葉工大のSTAIR Lab.が開発したAIで花の写真から名前を調べることのできる無料のスマホアプリ「ハナノナ」をiPhoneにインストールしたので、テストしてみた。

アプリを動かしカメラの画面に名前の知りたい花を入れると、花の名前と合致する割合が表示される。

今日は風があって花が揺れていたけれど、花がしっかり画面に入っていれば正解率は高く、きたきつねのレベルなら使えそうだ。

まだ登録している花の数が770種位らしいので、これからデータが蓄積していくと実用性は上がってくるだろう。

続きを読む "花の写真から名前を調べるアプリ「ハナノナ」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧