2022/11/21

川幡穂高「気候変動と「日本人」20万年史」

20万年前にアフリカで誕生したホモ・サピエンスがアフリカを離れ日本に到達して現在に至ったのかを、古気候学、古環境学、分子人類学、考古学の最近の研究成果をもとに解明しようと試みている。

ホモ・サピエンスの移動と文明の変化は、大規模な火山噴火、隕石の落下などよる大きな気候の変動によってもたらされたという仮説は説得力がある。

大きな寒冷化などの極端な気候変動は、食料をベースとする社会の大きな変化を促すということだ。

現在の日本人に至る移動プロセスを分子人類学で示しているところも興味深い。今年のノーベル賞の生理・医学賞は4万年前の骨から遺伝子を抽出し、人類の歴史を解明する緒をつけたスウェーデンの科学者スバンテ・ペーボ博士が受賞したけれど、まさに本書の古代DNA研究の基礎となっていて本書も、この研究の成果がなければ書けなかったのではないだろうか。

それにしてもダイナミックな内容で読んでいて楽しかった。

現在問題となっている温暖化は、過去を振り返ってみると人類にとってプラスになると考えても良いような気がするけれど、以前の時代と人口や自然破壊の程度が全く違うので、逆に人類滅亡に繋がりそうで危機状態になって

最近読み始めて、読み始めなければ良かったと反省している三浦佑之の「出雲神話論」と比べると、科学的な証拠を積み重ねることのできない、記紀などの書物をベースにした研究の困難さを感ぜずにはいられないし、対象的だと思う。

文字のない時代の神話を記録した古事記や日本書紀の内容がどれほど正しいのか、記録されたものが時代を越えて書き写され伝わっているわけで、編纂した者によって恣意的に記述されていたり、その過程で改変されているかもしれないものを細かく読み解くことは本当にできるのだろうかと思ってしまう。

続きを読む "川幡穂高「気候変動と「日本人」20万年史」"

| | コメント (0)

2022/11/15

早良 朋:へんなものみっけ!8

月刊スピリッツに連載されている早良 朋の「へんなものみっけ!」のコミックスの8巻が発売された。

地方都市の奏山市立博物館を舞台に、博物館で働く人がいろいろな自然界のへんなものと出会う物語で、今回は水族館の展示とバックヤード、水中考古学の話題、桜の花をスズメが落とす話、科学と文学のつながりなどが掲載されている。

「へんなものみっけ!」は、色々なところに面白い現象や事実が転がっていることを教えてくれる楽しい漫画だ。

奏山市の博物館は、国立科学博物館、県立博物館を全て合わせたようなダイナミックで、幅広い調査研究、収集活動をしていてものすごいところで、こんな市立博物館があればいいのにと思ってしまう。

地方都市は博物館というより青少年科学センターが多く、活動も小中学校の学習支援のような感じでとどまっているような感じがしていて、日本の技術偏重で、知の探求を進める姿勢が足りないことと関係しているのだろう。

| | コメント (0)

2022/11/08

皆既月食をみる

20221108_7

今日は旧暦10月15日で「満月」、「レントゲンの日」、「いい歯の日」、「世界都市計画の日」。

皆既月食と天王星食が同時に起きる珍しい日だった。ミーハーなので見逃すわけにはいかないので、三脚にカメラをセットして見ていた。

食の最大で一番暗い状態を撮ってみた。カメラ任せにすると明るくなって見た感じと違うので、露出をマニュアルで調節してある。

次の皆既月食は2005年3月14日ということだ。

天王星食は、皆既月食が終わる頃から40分ほどだった。全部見るほど天文ファンではないので、見ていなかった。

天王星は見えると思わなかったので、月の近づくのは見ることができた。

続きを読む "皆既月食をみる"

| | コメント (0)

2022/10/27

筑波実験植物園のきのこ展

20221027_2

今年もきのこ展を見に筑波実験植物園にいってきた。

本当は開催初めの頃に行きたかったのだけれど、航路にでていたのと帰ってきてから天気が悪かったので今日になってしまった。

きのこは里山散歩でもよく見るのだけれど、図鑑を見ても識別が難しいのでいつも悩んでしまう。

専門家も難しいものがあるらしいから、素人は仕方がないとは思うけれど、少しは勉強しなければと思う。

多目的温室の野生のきのこの展示は日にちが経っていてだいぶ干からびてしまったものが多くて残念だった。

逆に栽培きのこは大きく育っていた。

続きを読む "筑波実験植物園のきのこ展"

| | コメント (0)

2022/07/06

電気ポットのパッキンの交換

20220706_2

電気ポットをしまうことにして、内側に着いたシリカをクエン酸で煮沸洗浄してかから、乾かしていた時に、蓋を見るとパッキンが劣化してボロボロになっていた。

使い始めて16年になるのに、全く気が付かなかった。メーカーのWebサイトで調べてみると、定期的にパッキンは数年に1回くらい定期的に交換するのが当たり前らしい。

パッキンは自分で交換できるということで、交換方法も載っていた。製品が古いので修理部品は内容だけど、調べると消耗品のパッキンはまだあるようで、メーカーの通販でも買えるということで、注文しておいたのが、届いた。

20220706_3

続きを読む "電気ポットのパッキンの交換"

| | コメント (0)

2022/05/28

早良朋「へんなもんみっけ!7」

色々と忙しくて、読もうと思っている本の発売日を忘れてしまうことが続いている。

iPhoneのメモ帳に読みたい本リストに書いてあるのに、見るのを忘れるのだからこまったものだ。

「へんなもんみっけ!7」も1月に発売されていたのに、今頃になって気がついて注文するというていたらく。

幸い楽天のポイントが溜まっていたので送料も含めて無料だった。

漫画もコンスタントに面白い話を展開できることばかりではないのだけれど、今号は良い内容ばかりだった。

世界には分かっているようだけれど、本当は知らないことが多いことを説明した巻頭の話が非常に良かった。

主人公が務めている市営の博物館は、すごい学芸員と施設のようで、本当にあれば行ってみたい。

 

| | コメント (0)

2022/03/25

茨城県自然博物館の企画展「ミュージアム・コレクション」

20220325_1

今日は「電気記念日」、「拘留中または行方不明のスタッフと連帯する国際デー」、「奴隷及び大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー」、「みんなでニッコリみんなで健康長寿の日」。

良い天気になったので、春休みに入ったまごぎつねを連れて茨城県自然博物館で開催中の企画展「ミュージアム・コレクション」を見に行ってきた。

博物館の所蔵する標本類は、すべてが常設展示されているわけではなく、大部分は収蔵庫に収められていたり、調査研究に使われていいるので、めづら良いものが見られる可能性があるので楽しみにしていた。

会場内を見てみると色々な標本だけでなく、展示されるのが稀な寄贈された昆虫や植物の標本のコレクション、標本やレプリカの製作方法や化石のクリーニングなどバックヤードでの作業なども紹介されていたのがうれしかった。

続きを読む "茨城県自然博物館の企画展「ミュージアム・コレクション」"

| | コメント (0)

2021/11/19

ほぼ皆既の部分月食

20211119_1

今日は旧暦10月15日「満月」、「農業協同組合法公布記念日」、「緑のおばさんの日」、「鉄道電化の日」。

最大で月の97・8%が欠ける「ほぼ皆既」な部分月食というので楽しみにしていたけれど、月の出の時間を過ぎても低い位置に雲がかかっていた。

17:30過ぎに雲の切れ間から欠けた月が見えたので、安心したのもつかの間、また雲の中に消えてしまた。

まごぎつねと我慢してまっていると月食が最大の18:3を少し過ぎた時に薄雲がかかっていたけれど綺麗に見えた。

140年振りの「ほぼ皆既」な部分月食を見ることができた。次は65年後だから、草葉の陰からになるだろう。

月食が終わった満月を撮ろうと思ったところ月はまた薄雲の向こうになっていた。

それでも雲が薄くなったタイミングで撮ることができた。

続きを読む "ほぼ皆既の部分月食"

| | コメント (0)

2021/11/15

波崎・銚子でバードウォッチング

20211115_6

今年は台風の後に波崎・銚子エリアに行っていないので、春以来になるようだ。

はじめに波崎漁港で台風で連れてこられたカツオドリを見ることにした。カワウとウミウの間にいるカツオドリを見つけることができた。

幼鳥のようで、この場所にきてから2ヶ月以上になるのではないだろうか。飛べるようだけれど、繁殖地に戻れるのかちょっと心配だ。

波崎新港は鳥は少なく、カモメは数えるほどしかいなかった。

銚子漁港も回ってみたけれど、スズガモの小さな群れがいただけで、カモメも集まっている場所は一ヶ所だけだった。

続きを読む "波崎・銚子でバードウォッチング"

| | コメント (0)

巨大発電風車のメンテナンス作業

20211115_4

波崎漁港で鳥を探していると、波崎海水浴場の風車の羽根(ブレード)の先に人が取り付いていた。

高所恐怖症のきたきつねはお尻のあたりがゾワゾワした。

この風車は、全国10番目の市民風車「なみまる」でドイツのGEWindEnergy社製の出力1,500kWの巨大風車で、風車の根本にある発電機の入ったナセルの高さが64.7m、風車の直径が70.5mらしい。

作業は、多分高速で回る風車の羽根の先端が空気中の粉塵に削られて薄くなるのでシートを貼って補強しているらしい。

作業者はタワーの中のエレベーターか階段で一番上まであがり、ナセルから外に出てロープで羽根の先まで降りて作業している。

続きを読む "巨大発電風車のメンテナンス作業"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧