2024/02/19

ちょっとだけ霞ヶ浦中岸

20240219_1

今日は二十四節気の「雨水」、七十二候の「土が潤い起る」、「万国郵便連合加盟記念日」、「プロレスの日」。

曇り空だったけれど強い南風が吹いて気温が18℃を超えた。

ちょっと見たい鳥があったので、霞ヶ浦中岸に行ってきた。

風の影響で湖面は波立っていて時折雨がパラついていてあまり良い条件ではなかった。

霞ヶ浦田村・沖宿・戸崎地区自然再生事業で突堤や潜堤が造成された沖宿の人工ワンドの沖に風邪を避けて湖岸線に集まっているカモの中にニシヒシクイ(旧オオヒシクイ)が1羽浮かんでいた。

IOC(国際鳥類学会議)では、従来のヒシクイとオオヒシクイをヒシクイはそのままヒシクイ(Tundra Bean Goose)オオヒシクイはニシヒシクイ(Taiga Bean Goose)と2種にわけることになっている。

稲波干拓のニシヒシクイは12日に北帰行したということだけれど、この個体がはぐれた個体なのか別個体なのかは不明。

20240219_2

続きを読む "ちょっとだけ霞ヶ浦中岸"

| | コメント (2)

2024/02/17

陽気に誘われて里山散歩

20240217_1

今日は「祈年祭」、「天使の囁きの日」、「雪の特異日」、「ノアの洪水の日」。

北東の風が吹いていたので気温が下がるのかと思ったけれど、最高気温が14℃近く暖かな一日だった。

陽気に誘われて里山散歩にでかけた.

ウグイスとホオジロが囀っていました。まだ、上手ではありません。

先週行けなかったので見ることができなかった、水を入れた田んぼにアカガエルの卵塊を沢山見ることができた。

昨日に一斉に産卵されたようだ。

水の中にアカガエルが死んでいるようだった。仲間が引き上げて見ると動いたので、仮死状態だったようだ。

20240217_2

続きを読む "陽気に誘われて里山散歩"

| | コメント (0)

2024/02/16

筑波実験植物園

20240216_1

今日は「人日の節供(旧暦)」、「天気図記念日」、「全国狩猟禁止」。

昨日が暖かかったので、最高気温が午前0時過ぎに最低気温が午後9時前にでるという変則な一日。

今日の日没で狩猟期間が終わった。鳥たちは落ち着けるだろう。

つくば市への送迎の合間に2時間ほどあったので、筑波実験植物園に散歩に行ってきた。

エントランスに置いてあった「みごろの植物」を見ながら落ち葉の積もる林の中を植物を見たり、鳥を探したりして時間まで歩き回った。

冬の植物園もなかなかいい感じで、今度は時間を取って温室も回ってみようと思う。

続きを読む "筑波実験植物園"

| | コメント (0)

2024/02/15

霞ヶ浦パトロール

20240215_1

今日は「春一番名付けの日」、「涅槃会」。

今朝は2℃位だったけれど放射冷却で畑は真っ白だった。ところが日中は最高気温が21℃を越えて4月下旬から5月上旬のような陽気となった。

昼前から南向きの強い風が吹き始めて気温が急上昇した。

気象庁は関東地方に昨年より14日早く春一番が吹いたと発表した。

今日は一日時間がとれたので、強風の予報だったけれど、霞ヶ浦の中岸から霞ヶ浦大橋を渡って左岸を通って稲敷までの霞ヶ浦沿岸をパトロールしてきた。

午前中は無風に近いほどで、霞ヶ浦の水面は波もなく穏やかだった。

この時期は、冬鳥は渡りに向けて活発に餌を探して、動き回るので見やすい時期になる。

午前中の中岸は逆光の場所が多くなるのだけれど、立春が過ぎて太陽の位置が変わってきているので、大分見やすくなってきた。

今回はホオジロガモが比較的近く、光線もいい条件で見ることができた。

続きを読む "霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0)

2024/02/11

手賀沼湖畔を散策

20240211_1

今日は「建国記念の日」、「紀元節」、「文化勲章制定記念日」、「万歳三唱の日」。

いつもと違うところで散歩したいという家人のリクエストで、我孫子市の手賀沼湖畔を歩いてきた。

到着したときには風が強くて寒かったけれど、時間とともに日差しが強くなって暖かくなってきた。

脊柱管狭窄対策運動を始めてから、間欠跛行が軽くなってきたので助かった。

十月桜の花が咲いていたので、早い花見。

アリスイなどを期待していたけれど、よくばり過ぎだったようだ。

駐車場に着いて直ぐにオオタカが道路の電柱に止まった。

続きを読む "手賀沼湖畔を散策"

| | コメント (0)

2024/02/10

乙戸沼公園

20240210_2

今日は旧暦1月1日で「新月」、「正月(旧暦)」、「左利きの日」、「観劇の日」、「キタノ記念日」。

天気もよく暖かくなってきたので乙戸沼公園と周辺の農地を回ってきた。

沼のカモは、相変わらず少なかった。コハクチョウは16羽確認できた。ユリカモメは少なくなってきていた。

小鳥の動きが活発で、渡りに向けて栄養を蓄えるために食欲お旺盛なのだろう。

アシ原で久しぶりにオオジュリンの群れに遭遇できた。

上空にハイタカ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウと猛禽が4種出現した。

続きを読む "乙戸沼公園"

| | コメント (0)

2024/02/09

一人バードソン

20240209_1

今日は七十二候の「うぐいす鳴く」、旧暦12月30日で「大晦日」、「風の日」、「肉の日」、「福の日」。

天気が悪かったけれど、一日時間ができたので、千葉方面に一人バードソンに行ってきた。

今回は道の駅さはらから東庄町の夏目の堰、旭市の水田、銚子市の外川漁港、君ヶ浜しおさい公園、銚子漁港、神栖市の波崎新港、波崎漁港、稲敷市本新、妙岐ノ鼻でハイイロチュウヒを見て総走行距離200キロのバードウォッチングだった。

道の駅さはらはトイレに寄ったのだけれど、裏の入江にカモ類がいるのでチェックして移動。

夏目の堰でカモを見ていると、突然トモエガモが一斉に飛び上がり、溜池の上を何度も旋回していた。タカが出たのかと探したけれど見つからなかった。

他のカモは静かにしているのに、トモエガモだけが一斉に飛び上がる習性があるようだ。

君ヶ浜しおさい公園の林の中でカラの混群と出会うことができて、ヒガラを見ることができた。

続きを読む "一人バードソン"

| | コメント (0)

2024/02/07

バス停で待っていてもバスが来ない

20240207_2

今日は「長野の日」、「北方領土の日」。

昨日の雪の影響で首都圏の高速道路は排雪が間に合わずに通行止めで物流に影響がでたようだ。

今日も送迎の間に少し時間があったので、久しぶりに牛久自然観察の森に行ってみた。

一番鳥の動きが悪い時間だったので、とても静かでヒヨドリとカラスの声だけが響いていた。

ゆっくり林の中を歩いているとヤマガラとシジュウカラが見え始め、林の奥の高いところでメジロが動いているので、見ていたらキクイタダキがチョロチョロと枝の間を動いていた。

キクイタダキは今シーズン初見。ヒガラも見ることができた。

続きを読む "バス停で待っていてもバスが来ない"

| | コメント (0)

2024/02/03

まごぎつねを連れて里山散歩

20240203_1

今日は「節分」、「のり巻きの日」、「大岡越前の日」。

腰の調子は悪かったけれど、天気が良くなったのでまごぎつねを連れて里山散歩にでかけた。

今朝は-3℃度以下となったので、水溜りや池は凍っていた。

そろそろアカガエルの産卵が始まるころではと思って水溜りを探しましたが、まだのようだった。

池のカモは全く見られなかった。昨日は50羽近くカモがいたらしいけれど、どうしたんだろう。

途中で出会ったバードウォッチャーにカモがいない理由を聞かれたけれど、こちらが聞きたいくらいだった。

谷津の上にオオタカが現れたけれど、カメラの設定を変えてしまったのでタイミングを逃してしまった。

オオタカは上日筒の白い部分を膨らませてディスプレーしていた。

先週見ることのできた、トンボのヤゴの早贄は無くなっていた。

続きを読む "まごぎつねを連れて里山散歩"

| | コメント (0)

2024/02/01

博物館でバードウォッチング

足は痛いのだけれど久しぶりの東京国立博物館なので、1階だけバードウォッチングすることにした。

博物館の展示品の中には花鳥風月が表現されていて、色々な鳥が見つかる。中には正体不明なものもあるけれど、意外と識別できる鳥も見つかるものだ。

江戸時代の「初音蒔絵源氏箪笥」にウグイス

20240201_8

鎌倉時代の「千鳥蒔絵手箱」にハマシギ

20240201_9

続きを読む "博物館でバードウォッチング"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧