2024/06/22

松戸市21世紀の森で里山散歩

20240622_2

今日は旧暦5月17日で「満月」、「日韓条約調印の日」、「ボウリングの日」。

天文学的満月は10時08分で、付きが沈んでからなので見られないし、夜は曇り空で見ることができなかった。

良い天気で里山散歩日和なのだけれど、かみさんのリクエストで松戸市のホールのコンサートに送って行くことになった。

待ち時間に21世紀の森で里山散歩してきた。

最初は松戸市立博物館を見るつもりだったけれど、残念なことに燻蒸処理で1週間休館だった。

21世紀の森は、谷津と最下部にある千駄堀池を利用した50ヘクタールの里山公園で、芝生の広場やBBQ場が用意されている。

小さいけれど水田や畑、野草園、生態園、自然観察舎などもあって都市型の自然公園ということだろう。

水遊びもできるし、散歩も楽しめるので家族連れが沢山訪れていた。

昼前後の暑い時間だったので、鳥の動きはあまりなかったのは残念だった。

続きを読む "松戸市21世紀の森で里山散歩"

| | コメント (0)

2024/06/15

急に夏になった里山散歩

20240615_1

今日は「暑中見舞いの日」、「信用金庫の日」。

なかなか梅雨に入らないうちに、真夏日になってきてしまった。

腰の調子は良くないけれど、コルセットで腰を固定して里山散歩にでかけた。

里山の下の水田にカルガモの親子がエサを食べていた。カルガモの雛は、ハシブトガラスやイタチなどに獲られてしまうことが多いので、数羽くらいしか育たないのだけれど、大きく育った雛が7羽もいて、子育ての上手な親鳥だったのようだ。

池のヒシは予想通りハムシに食い荒らされて、赤くなってしまっていた。

続きを読む "急に夏になった里山散歩"

| | コメント (0)

2024/06/11

涸沼水鳥・湿地センター「鈴の音テラス」

20240611_6

今日は「国立銀行設立の日」、「傘の日」、「雨漏りの点検の日」。

気温が上昇して30℃を越えて真夏日になった。

帰り道、4月にオープンしたラムサール条約登録湿地「涸沼」の鉾田市の涸沼水鳥・湿地センター「鈴の音テラス」を見学してきた。

一昨年から大谷川の河口のアシ原で工事が進んでいたけれど、1月の新春探鳥会の途中前を通ったけれど、その時はまだ工事中だった。

大きな建物が涸沼水鳥・湿地センター「鈴の音テラス」は2階建で屋上がテラスになって涸沼を観察できるようになってる。

真ん中の平屋が管理棟で右端が多目的トイレになっている。管理棟では双眼鏡の無料貸出もあるようだ。

「鈴の音テラス」は観察施設ということだけれど、まだ内部の展示施設などの整備はこれからのようだ。

続きを読む "涸沼水鳥・湿地センター「鈴の音テラス」"

| | コメント (0)

イワツバメのコロニーとムラサキサギ

20240611_5

昨年5月に見に行ったイワツバメのコロニーを見に行ってきた。

子育ても終盤に入っていて、巣立った若鳥も見られ、巣立ちがまだの巣では親鳥は一生懸命巣立ちを促していた。

いくつかの巣はスズメが乗っ取っていて、こちらはエサを運んでいた。

飛んでいるイワツバメを撮ってみたけれど、飛翔速度が速いので近距離ではカメラのファインダーのフレームの中に入れることさえできなかった。

反射神経の衰えた老人には、少し離れた場所を飛んでいるところを連射するしかないようだ。

小さくした撮れないからトリミングするしかないけれど、ブログで使う分には問題ないだろう。

20240611_3

続きを読む "イワツバメのコロニーとムラサキサギ"

| | コメント (0)

2024/06/10

お留守番の日

20240610_1

今日は「入梅」、七十二候の「腐草蛍となる」、「端午の節供(旧暦)」、「時の記念日」、「ミルクキャラメルの日」、「社会教育法施行記念日」、「歩行者天国の日」。

暦上は梅雨に入ることになるけれど、関東はもう少し後になりそうだ。

天気も悪いし、お留守番の日なので大人しく本を読んでいた。

梅の葉に小さな虫がいて、背中に卵の殻?を背負っていて、カメムシの幼虫?だろうか。

20240610_2

| | コメント (0)

2024/06/08

楽しい里山散歩

20240608_1

今日は「世界海洋デー」、「成層圏発見の日」、「大鳴門橋開通記念日」、「学校の安全確保・安全管理の日」。

不思議と土曜日は天気が良い日が続いている。

気温が上がりそうなので、水を沢山持って里山散歩にでかけた。

池は昨年と同じようにヒシで全面覆われていたけれど、ジュンサイハムシの食痕が目に見えるようになってきていて、これから枯れ上がって赤くなってくるだろう。

野鳥は子育て中で静かになっているようで、確認種は少なくなった。

谷津にオオヨシキリがやってきて囀り始めた。キビタキの囀りが良く聞こえていた。

田植えが終わった水田にツバメが巣の土を取りに来ていた。これから巣作りするのだろうか。

続きを読む "楽しい里山散歩"

| | コメント (0)

2024/06/06

ヨシゴイを見に

20240606_2

今日は旧暦5月1日で「新月」、「楽器の日」、「コックさんの日」、「唐招提寺開山忌」。

今朝、NHKラジオの番組「ふんわり」で「6月6日に雨ザーザー降ってきて」とアナウンサーが言っていた。

ヨシゴイを見に印旛沼に向かっている途中、利根川の栄橋の手前で渋滞で止まっていた時に、車がゆらゆら揺れたので「?」と思ったけれど、ラジオから地震の情報。震度1くらいなのに随分揺れた感じがする。

印旛沼に着いて堤防の上でヨシゴイを待つけれど、例年に比べて個体数が少ないのか、時々しか飛び上がらない。

オオヨシキリも囀る個体数が少ないような気がした。オオヨシキリのメスが餌運びをしていたので、オスは一生懸命囀らなくても良くなったのかもしれない。

2時間ほど粘ったけれど成果がないので、佐倉の歴史民俗博物館に寄って帰ってきた。

【観察した野鳥】
キジ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、ヨシゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、クロハラアジサシ、コアジサシ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ 23種+コブハクチョウ、モモイロペリカン

| | コメント (0)

2024/06/04

イソヒヨドリの若鳥

20240604_1

今日は「天安門事件の日」、「侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー」、「虫の日」、「虫歯予防デー」。

平年並みの気温で、朝晩はちょっと涼しい一日。

午前中はNPOの会報の発送作業の手伝い。

外に出た時に、隣の家の門柱にイソヒヨドリの若鳥がとまっていた。

自宅近くにエサ取りに来ているイソヒヨドリのペアの子どものようだ。ひたち野うしく駅周辺で少なくとも3番繁殖しているようだ。

向かいの家の屋根裏でムクドリが毎年複数繁殖していて、群れでエサ取りに出かけるので毎朝賑やかだ。

20240604_2

| | コメント (0)

2024/06/03

九十九里から波崎方面を回ってみた

20240603_3

今日は「測量の日」、「雲仙普賢岳祈りの日」、「ウェストン祭」、「ムーミンの日」。

今シーズンは色々あってタイミング良くいろいろな場所を回ることができていないので行ける時にということで、天気が良くなったので、九十九里から波崎方面を回ってみた。

九十九里の海岸にでると、沖にイワシ漁の漁船がでていて、遠くにオオミズナギドリとハシボソミズナギドリの群れが海面を帆翔しているのが見えた。

コアジサシの群れが砂浜に降りてきた。近くで営巣しているようだけれど分からなかった。

20240603_4

続きを読む "九十九里から波崎方面を回ってみた"

| | コメント (0)

2024/06/01

雨上がりの里山散歩

20240601_1

今日は「衣更え」、「気象記念日」、「写真の日」、「電波の日」、「人権擁護委員の日」。

昨日の雨量は32mm位と結構降ったようだ。昨日は最高気温が21℃と涼しかったけれど、天気が良くなり気温も24℃を越えて快適だった。

天気が良くなったので里山散歩にでかけた。里山の道は所々水たまりがあったり、ぬかるんだところもあった。

今年は梅の木に梅がほとんど見られないし、オオシマザクラに実が全く付かなかったし、ウワミズザクラの実もまばらにしか着いていなかった。

そういえばモミジイチゴの実を食べることができなかったのも同じような原因だろうか。

クリの花が満開になっていて、チョウや甲虫が集まっていて、アカシジミがいた。

ノアザミにオナガアゲハがきていた。

20240601_2

続きを読む "雨上がりの里山散歩"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧