2020/01/23

川上和人「鳥の骨格標本図鑑」

鳥類学者だからって、鳥が好きかどうかわからない川上和人さんの新しい写真図鑑で中村利和さんの全身骨格写真に川上節で解説を書いている。

最初の部分で年寄りには意味がわからない用語がでてきて、索引の前にある用語解説を見たけれど、ちょっと年寄りにはマニアック過ぎるみたいだ。

本文は鳥の骨と生態の関係がよく分かる解説で非常に勉強になった。嘴の構造や脚の骨の付き方、骨の違いによる翼の特徴などこれだけまとまって解説したものは無いのではないだろうか。

以前からあった「鳥の骨探」は全身骨格だけでなく、各部位の詳細な骨の写真もあり、解説も学術的なので、素人にはなかなか歯ごたえがあるので、素人には「鳥の骨格標本図鑑」の方が理解しやすいと思う。

生態写真についたひと言解説があるけれど、川上節が混じっていて本気にすると損をするものがあるので注意が必要だ。

| | コメント (0)

2020/01/22

涸沼のオオワシ

20200122_1

今日は「飛行船の日」、「ジャズの日」、「カレーの日」。

涸沼にオオワシが戻ってきたというので、天気が悪かったけれど見に行ってきた。

オオワシは25年目の飛来で、毎年律儀に来てくれている。

今日は朝からスコープでやっと見える杉の木の上に止まったままということで、待っていたけれど飛ばなかった。

続きを読む "涸沼のオオワシ"

| | コメント (0)

2020/01/21

博物館でバードウォッチング

博物館を巡っていると展示物に鳥を題材にしたもの、鳥が描かれたものが沢山ある。

象徴となっているものや作家のイメージで作られたものがあるので、具体的な種が分からないものがあるけれど、リアルなものも多い。

特別展を見て疲れたときには、展示物でバードウォッチングするのも気分転換になる。

20200121_13

オシドリ 狩野芳崖「春庭鴛鴦」

続きを読む "博物館でバードウォッチング"

| | コメント (0)

2020/01/20

近くの水田を散歩

20200120_1

今日は二十四節気の「大寒」、七十二候の「蕗のとう花咲く」、「二十日正月」。

外は快晴で、風もなく暖かくなりそうだったので、かみさんと以前犬の散歩によく行った場所を散歩してきた。

土浦市の乙戸沼公園から流れ出す乙戸川が常磐線を越えた川沿いの水田の周りを一周するコースだ。

この辺りは乱場で10年くらい前はハンターがキジを撃ちにきていたけれど、最近はいないようだ。

水田に出るところでハイタカがでてきた。ノスリ、チョウゲンボウもでてなかなかいい感じ。

続きを読む "近くの水田を散歩"

| | コメント (0)

2020/01/19

小山ダム探鳥会

20200119_1

今日は「年賀はがきお年玉抽選日」、「のど自慢の日」。

いつもは県南の平地林なので、県北の山といういつもと違う環境も行ってみなければということで、久しぶりに高萩市の小山ダムの探鳥会に行ってみた。

昨日の夜は雪も雨も降らなかったということで、上の駐車場まで移動できた。

クマタカ、オオマシコ狙いで参加者は多かったけれど、今シーズン、オオマシコは見られていないということだ。

マヒワ、ベニマシコは沢山いるけれど遠い。気温が高く、雪が降らないので山にエサが沢山あるので平地には降りてこないわけだ。

 

続きを読む "小山ダム探鳥会"

| | コメント (0)

2020/01/18

雪の里山散歩

20200118_1

今日は「冬土用入」、「振袖火事の日」、「都バス開業の日」、「大学入試センター試験」。

雨が降りそうだったけれど、里山散歩にでかけた。

歩き始めて少し経つと粉雪が舞い始めた。初雪になったようだ。気温が低いし、雪ということでコースをいつもより短めにすることにして出発した。

散歩開始早々にトビに続いてチョウゲンボウとハヤブサが飛び出してきた。幸先が良いけれど、筑波山のこともあるので、喜ばずに先に進んだ。

大池にはいつものようにカモが集まっていた。500羽位いるようだ。マガモに混じってオカヨシガモ、ヨシガモなど9種類を見ることができた。

 

続きを読む "雪の里山散歩"

| | コメント (0)

2020/01/17

鳥友の写真展に

20200117_1

今日は「阪神淡路大震災記念日」、「防災とボランティアの」、「湾岸戦争開戦の日」、「明治大学創立記念日」。

阪神淡路大震災から25年になるけれど、高速道路が倒れた映像は忘れられない。東日本大震災の記憶も含め、いつ地震が起こるかわからないから常に準備を怠らないで置こうと思うけれど、防災用品の管理をつい怠ってしまうのは悲しい。

午前中、鳥友の写真展「須藤活久 写真展『北海道編』」が筑波銀行つくば本部ビルで始まったので、一番乗りを狙って行ったのだけれど、三番目だった。

写真を撮り始めてまだ三年になのだけれど、なかなかの力作だった。

| | コメント (0)

2020/01/16

筑波山に

20200116_1

今日は七十二候の「雉始めて鳴く」、「籔入り」、「念仏の口開け」。

ハギマシコは来なくなってしまたようだし、特に鳥の情報はないけれど、初詣も兼ねて今年も筑波山に行ってみることにした。

最初に筑波神社で一年の鳥運を祈って初詣。腰痛、股関節痛などの平癒を祈りたいところだけれど、10円のお賽銭では欲張りというものだろう。

出世することには関係ないけれど、通称出世稲荷の朝日稲荷神社にもお詣り。

続きを読む "筑波山に"

| | コメント (0)

2020/01/14

再挑戦で涸沼に

20200114_1_20200114210501

今日は「十四日年越し」、「タロとジロの日」。

カメラを忘れるという大失態をしたので、涸沼に行ってきた、昼にしじみラーメンを食べに行ったついでに大竹海岸も見てきた。

先週も感じたのだけれど、カモなどの種類やいる場所が例年と違っている。一番はハジロカイツブリの大きな群れやホオジロガモが見られないところだ。霞ヶ浦でも同じ感じだ。

強力な台風19号で沼の水が大きくかき混ぜられて底質が変化したのではないかという話があるらしい。

網掛公園は芝生と堤防の一部が工事中で入ることができなかった。

大竹海岸の沖にはクロガモがパラパラと見えるだけだった。例年のようにアビ類は全く見られなかった。水温の関係なのか餌となる魚の問題なのだろうか。

続きを読む "再挑戦で涸沼に"

| | コメント (0)

2020/01/11

乙戸沼探鳥会

20200111_1

今日は七十二候の「泉水温をふくむ」、「鏡開き」、「蔵開き」、「塩の日」。

土浦市の農業用溜池を利用した乙戸沼公園で今年初めての探鳥会を開催しました。

気温は低めでしたが、風は弱かったので体感気温は下がらず、途中から日が照ってきたので、快適な探鳥会でした。

野鳥の種類は多かったのですが、数はそれほど多くありませんでした。

例年は20羽を超えるコハクチョウが越冬するのですが、今シーズンは4羽しかいません。

続きを読む "乙戸沼探鳥会"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧